バリ島(インドネシア)へ行くために必要なマイル数は?

 

 

バリ島って、本当に素敵です。雰囲気が独特ですね。

リゾートなんですが、タヒチ、モルディブのような、海だけ!という感じでもなく、しっとりとしていて、文化的な雰囲気も漂う・・・

色々な海外の国に行きましたが、バリ島の魅力はトップランクですね。

 

ツイッターなどを見てても、

 

「バリ島行きたい~」

「バリ島最高~♪」

 

というようなツイートがあったり、

 

バリ島に関するブログも、ちょっと検索すると山のように出てきます。当然、それは日本人だけではなく、世界中から愛されるバリ島は訪れる人が後を絶ちません。

 

そんな世界中から愛されるバリ島ですが、マイルで行けたら最高ですよね。

 

もちろん、そんなことは誰もが考えています。

でも、マイルを貯める方法はどうでしょうか?

 

バリ島好きの個人ブログを見ても、マイルを貯める方法として、

 

「クレジットカードを切りまくる!」

 

と、宣言しているブログもありました(汗)

 

いや、それ非効率なんですけど・・・・ホントに貯まってますか?って感じです。

 

そんなことをしても、なかなかマイルは貯まらないことは、このブログを読んでいる人はもう知っていますよね?!

 

もし、「私知らない・・・」という方がいたらこちらをどうぞ。

一気に10万マイル以上獲得してしまう方法

 

マイルを貯める方法を知ったらすぐに行動に移しましょう。ただ、行動は早くても継続出来る人はガクンと少なくなります。その理由は、

 

「目標がないから」

 

です。まずは目標がないと、継続できません。

 

では取り急ぎバリ島に行くために必要なマイル数を目標にしてみます。一体、バリ島に行くために必要なマイル数は、いくらなのでしょうか?

 

ANAでマイルを使って特典航空券を取得する場合、以下のように行き先によってゾーン分けされています。

20150921092241

 

「バリ島」っていう行先は載っていませんが、バリ島はインドネシアの首都ジャカルタと同じなので、「Zone4:アジア2」に該当します。

zone

 

日本から出発して、アジア2ゾーンへの特典航空券の必要マイル数は、

 

ローシーズンで、30000マイル

ハイシーズンで、38000マイル

 

と、なります。

 

出来れば、少ないマイルでバリ島へ行きたいので、ローシーズンに行きたいところですが、サラリーマンの方ではなかなかローシーズンに休みが取れないかもしれません。なので、ここでは、ハイシーズンの必要マイル数(38,000)を基準にします。

miletable

 

で、少しクレジットカード決済でマイルを貯める方法の話へ戻すと、このマイル(38000マイル)をクレジットカード決済で、貯めようとすると、

 

380万円(100円=1マイル=還元率1%として)もの決済が必要になります。(0.5%の還元率のカードだと760万円!)

 

380万円の支払いって、カンタンでしょうか。。。目安としてごく一般的にクレジットカードを利用する方で、1年間で到達できるか、できないかの境目だと思います。

 

しかし、

一気に10万マイル以上獲得してしまう方法

 

で、案内している方法を使って、マイルを貯めれば、一瞬で貯めることが出来ます。

 

今から、始めても1年後には、1人ではなく、2人くらいはバリ島へ行けるレベルで貯まります。

 

bali3

 

まだ実践していない方は、このブログ上で初心者講座(もちろん無料)も用意していますので、ぜひ、今すぐ始めることをお勧めします。

ANAマイラー初心者講座