ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

最近の投稿

マイルを大量に貯めるために必要なハピタスとは?メリットと注意点【2018最新版】

記事公開日:2018年7月29日

 

 

 

ハピタスとは、現金化出来るポイントを稼ぐことが可能なポイントサイトです。

 

 

 

ハピタスはインターネットに接続出来れば、パソコンやスマホから誰でもポイントを稼ぐことが出来るので、一般的には、ちょっとしたお小遣い稼ぎとして利用されています。

 

 

 

でも、「ポイントを稼ぐ」「現金化出来る」「お小遣い稼ぎ」と聞くと、「怪しい」「そんなはずはない」「騙されている」などと様々な疑念を感じるかもしれません。

 

 

 

確かにインターネットの世界では、詐欺のようなサイトも数多く存在しています。また詐欺ではなくても告知されているように実現できない(ネットの世界ではこれを「再現性がない」と表現します)こともあります。

 

 

 

例えば、「ワンクリックで100万円稼げる!」みたいな。

 

 

 

しかし、一方で健全にしっかり稼げる方法もあります(少ないですが、、、)。その一つがハピタスのような「ポイントサイトの利用」になります。

 

 

 

「ポイントサイト」と呼ばれるサイトは数多くありますが、この記事では、私のようなマイルを大量に貯めている陸マイラーが必ずと言って良いほど口座開設済みのポイントサイトである「ハピタス」をご紹介しておきたいと思います。

 

 

 

ハピタスは、その利用者(登録)会員数が200万人を超えており、ポイントサイトとしても、すでに老舗の部類に入るほど実績がある、まさに優良ポイントサイトだと言える存在です。

 

 

 

このハピタスを上手く使えば、初心者でも確実に稼げます。そしてマイルも貯まります。私も実践しているので間違いありません。

 

 

 

たくさんポイントサイトはありますが、初心者のうちはアレコレ登録してしまうと、何がなんだかわからなくなってしまうので、まずはハピタスから始めて、しっかりポイントサイトのサービスの基本をマスターしてから他のポイントサイトを利用するようにした方が良いと思います。

 

 

 

ハピタスで本当に稼げるの?

 

 

ハピタスで稼げる、といっても「いくらくらい稼げるの?」と思われたあなた。その発想は正しいです!

 

 

 

どうせ始めるならたくさん稼げた方が良いに決まっています。しかし、「ちょっとお得になればいいのよ」という方がいたり、「がっつり稼ぎたい」という方もいて、いろんな背景の方がいらっしゃいますから、一概に「いくら」とは定義しづらいところです。

 

 

 

しかし、そうも言ってられないので、あえて稼ぐ基準を定義すると、「月1万円」を目安にしましょう。月1万円なら稼ぐことは全く難しくありません。私も実際、3ヶ月目には月3万円を稼ぐようになりました。これも実際のところは、最初の1〜2ヶ月は今のあなたと同じように「本当にポイントが付くのか?」と半信半疑でしたので、あえて様子を見ながらハピタスを利用していて、確実にポイントが付くことがわかってからはドンドン利用した関係で、月3万円稼ぐまでに少し時間がかかりました。利用当初からガンガン利用すれば月3万円はもっと早く実現できます。

 

 

 

「「月1万円」って、少なくね?全然稼いでいないじゃん。」

 

 

 

たかが1万円、されど1万円。ネットビジネスでこれほどふさわしい言葉は他にはないと思います。実は「ネットで稼ぐ」ということは、簡単なようで結構ハードルが高く、ネットで稼ごうと思っている人の中で、月1万円以上コンスタントに稼いでいる人は、ほんの数%です。当然です、顔も見ないのに商売をするわけですから。

 

 

 

一方、ハピタスを利用すると「ノーリスク」で月1万円稼げます。しかもハピタスで稼いでいる人は想像以上にいて、月数十万、それ以上に稼いでいる人も存在しています。こんなに再現性が高く、おいしい稼ぎ方は、なかなか他にはありません再現性が高く、おいしい稼ぎ方は、なかなか他にはありません。様々なネットビジネスに取り組んできた私の実感です。

 

 

 

ネットで稼ぐにはアフィリエイトもありますよね?!

 

 

はい、たしかにアフィリエイトの方が有名かもしれません。しかし、アフィリエイトで稼ぐには相当のノウハウが必要になります。私も何年もアフィリエイトにチャレンジしていたので良くわかります。

 

 

 

しかし、ハピタスのようなポイントサイトはそれほどノウハウは必要としません。その違いはその収益構造にあります。

 

 

 

アフィリエイト→広告を他人に紹介して報酬を得る

 

ハピタス→広告を自分が利用して報酬を得る

 

 

 

勘の良い方はもうご察しかと思いますが、アフィリエイトは広告を「他人」に利用してもらわないと報酬が発生しません。つまり、あなたのアフィリエイトから買ってもらうには、あなたを信用してもらうプロセスが必要です。

 

 

 

一方で、ハピタスのようなポイントサイトは「自分」が広告を利用すればよいだけです。つまり、他人に自分を信用してもらう必要がないため、やればやるほど報酬を稼げます。ここが決定的に違います

 

 

 

つまり、実際に稼いでいる人の真似をするだけで、誰でも同じように稼ぐことが出来るのです。これをネットビジネスの世界では「再現性が高い」と言います。

 

 

 

ハピタスで稼げるポイントの最大の特徴とは?

 

 

ハピタスでは色々な企業の広告が掲載されています。広告には「商品購入」「会員登録」「各種申込」等がありますが、これらを利用することで、ハピタスポイント(1ポイント=1円相当)を稼ぐことができます

 

 

 

この稼いだポイントの大きな特徴としては、スーパーやショップなどでもらえるポイントと違って、もらった場所でしかそのポイントを使えないのではなく、ハピタスポイントは個人の銀行口座に振り込んで現金として使うことも可能な点です。これってすごくないですか?

 

 

 

現金化したら、当たり前ですが、何に使っても良いわけです。家族で旅行してもいいし、ちょっと前から欲しかったものを思い切って買ってみてもいいし、大切な人と少し豪華な食事に行っても良いですよね。

 

 

 

ハピタスでポイントをもらえる仕組み

 

 

では、なぜ現金に換えられるポイントがノーリスクで稼げるの?と考えられたのではないでしょうか?

 

 

 

この仕組みを知っておかないと、「怪しい」「騙されたくない」などと身構えてしまい、思考停止に陥って、せっかくノーリスクで稼げるチャンスを放棄してしまうことになりますので、しっかり解説しておきます。

 

 

 

ハピタスで稼げるポイントは、ハピタスのサイト上で広告を出している企業から、ハピタスに支払われる広告料が原資になっています。

 

 

 

例えば、ハピタスには楽天も広告を出していますが、ハピタスを経由してあなた(ハピタス会員)が楽天で商品を購入した場合、あなたは1%のポイントを稼ぐことが出来ます。この時、楽天→ハピタスに「お客さんを紹介してくれてありがとう」と所定の広告料(数%)が支払われます。ハピタスは受け取ったこの広告料のうち、1%分をポイントとしてあなた(ハピタス会員)に還元するのです。

 

 

 

ですので、

 

 

楽天→お客さんを紹介してもらえる

 

ハピタス→紹介のお礼として広告料をもらえる

 

あなた(ハピタス会員)→ポイントをもらえる

 

 

ということで、商売が上手くいく大原則の「三方良し」の関係が出来上がっているビジネスなのです。このため、ハピタス会員はハピタスに登録しても、一切手数料は必要なく、無料で利用出来るのです。この仕組みさえ知っておけば「怪しい」とか「騙されるのでは」などといたずらに不安になることもありません。少なくともビジネスモデルについては安心して利用していただいて良いかと思います。

 

 

 

ハピタスでポイントを稼ぐ方法

 

 

ハピタスでポイントを稼ぐ方法はとても簡単です。というか、ほとんどノウハウと言えるものはないと言っても良いかもしれません。

 

 

 

先ほども話を出した楽天を例にとってポイントを稼ぐ方法を説明します。ハピタスのトップページから「楽天市場」を検索すると、以下のような画面が出てきます。

 

 

 

この画面で右上にある「ポイントを貯める」ボタンをクリックすると、楽天の公式ページに移動します。この時点で、あなたが「ハピタス経由で楽天市場に来た」ということが記録されます。ネットの技術ってスゴイですね。

 

 

 

あとは、いつも通り楽天で買い物をするだけで、購入額の1%がハピタスポイントとして還元されます。なお、このハピタスポイントは常に1%ではなく、広告によって還元率、還元額が異なります。

 

 

 

例えば、楽天市場で10,000円の買い物をしたとしましょう。この場合、ハピタスポイントを100ポイント(100円相当)がもらえます。

 

 

 

さらにもっと大切な事は「ハピタスポイントをもらっても、通常の楽天ポイントもダブルでもらえる」という点です。ハピタスの広告(前述の画像)をワンクリック(=経由)するだけで、ダブルでポイントをもらえるなんて、ハピタスを利用しない理由がもはや見つかりません

 

 

 

ハピタスポイントをさらに大量に稼ぐ方法

 

 

ここまでお伝えしてきたハピタスポイントを稼ぐ方法は、最も基本的な方法です。簡単ですよね。でも「1%程度のポイントではなかなか大量にポイントを稼げないよね?」と思われたかもしれません。その感覚はごもっともです。

 

 

 

そこで、さらに大量にポイントを稼ぐためには、「高額案件」を狙います。高額案件とは、1件当たりの還元率や還元額が高い広告のことを言います。

 

 

 

たとえば、ジャンルとして以下のような「3大高額案件」の広告があります。

 

 

1)クレジットカード発行案件

 

 

2)FX口座開設

 

 

3)面談案件(生命保険や不動産投資等)

 

 

 

3大高額案件のからくりとは?

 

 

3大高額案件は一撃で8,000~35,000ポイント(8,000~35,000円相当)を稼ぐことが出来ます。例えば以下の広告は一撃で35,000ポイント(35,000円相当)を稼げます。

 

 

 

なぜそんなことが可能なのか?疑問に思いますよね。それぞれサービスが異なりますが、広告主が大量ポイントを支払ってでも広告を掲載したい理由は同じです。これをクレジットカード発行案件で説明します。

 

 

 

クレジットカードを新規で発行すると、大量のポイントが一気に稼げます。クレジットカード発行案件はポイントサイトを利用して稼ぐには外せない鉄板の案件です。どのくらい稼げるかと言うと、たった1回で1万円以上のポイントが還元されることも珍しくありません。しかも発行するだけでノーリスク、かつ同時にクレジットカード会社でキャンペーンを実施していることが多いので、合わせると2万、3万円相当のポイントが稼げることも多いです。

 

 

 

なぜ、そんな大量のポイントがもらえるのでしょうか?この点をしっかり理解しておかないと、また「怪しい」「騙されている」となりますので、よく理解しておいてください。

 

 

 

クレジットカード会社のビジネスモデルは、利用者にクレジットカードを加盟店で利用してもらって、はじめて手数料が入るビジネスモデルです。ですから、まずは利用者にクレジットカードを発行してもらい、使ってみてほしいという思惑があります。

 

 

 

しかし、一般的にまだまだ「クレジットカードはお金持ちが持つもの」「クレジットカードは使った分がわかりにくいから心配」「クレジットカードはセキュリティ面が不安」というネガティブなイメージを持つ人も多く、あまり使う予定もないのに持ちたくない、と考える人が多いのです。

 

 

 

これをクレジットカード会社も認識していて、「まずクレジットカードを持ってもらうハードルを下げる」ことを意識していますので、ポイントサイトを通じて高額な謝礼を支払ってでも、カードの発行会員数を増やしたいと考えています。

 

 

 

この「何かしら不安に思われているサービスの最初のハードルを下げる」という意味合いで、クレジットカード案件以外のFX口座開設案件や生命保険や不動産の面談案件も全く同じ思惑があるので、ポイントサイトで高額なポイント還元を設定している、という訳です。

 

 

 

3大高額案件にリスクはないの?

 

 

3大高額案件をご紹介しましたが、これらには「リスクはないの?」と思われるかもしれません。リスクとはその度合いと人の感覚や経験値によって、リスクの範囲は変わってきますので、何とも言えない部分がありますが、あえていうなら以下のような点に注意が必要です。

 

 

 

1)クレジットカード発行案件

 

 

クレジットカードには年会費が必要なカードがあります。もちろん、無料のカードもありますし、年会費が必要なカードでも初年度は無料になっているケースも多いです。この点はよくチェックしてください。

 

 

それから、最近のクレジットカードは、「リボ払い」をさせるようにサービスが設計されています。リボ払いを利用すると「5,000マイルがもらえる!」とか「3,000円キャッシュバック!」といった文言が目に付くことがあります。「リボ払い」自体が悪いわけではないですが、きちんと仕組みを知らずに利用すると、高額な利息を知らない間に支払うことになりますので、注意が必要です。

 

 

 

2)FX口座開設案件

 

 

FXは「外国為替証拠金取引」といって、数ある投資対象の一つである「外貨」に投資する手法です。あくまで投資ですから、価格の上下動があるため、下落リスクがあります。あるいは「スプレッド」といって売りと買いの価格に元々差があることがほとんどで、買って値動きがない間にすぐに売ったとしても、そのスプレッド分は損失が出てしまいます。ただし、ポイントを稼ぐための要件は、取引額ではなく、取引回数のことが多いので、大きな金額を投資しなければ損失は限定することが可能です。

 

 

 

3)面談案件

 

 

生命保険や不動産投資など、トータルの投資額が大きく、顧客獲得が比較的難しいと思われる案件は、ポイント還元額が高いことが多いのですが、面談やセミナー参加など、リアルに広告主と会う必要があるため、しつこい勧誘に会う可能性はあります。ですので、こちらの案件は本当に検討したい人か、勧誘をキッパリ断れる人が対象になると思います。

 

 

 

以上、それぞれのリスクを挙げてみましたが、どれも「事前にリスクを知っておく」ことが大切で、知っていれば対策を講じることも可能になります。

 

 

 

ハピタスが陸マイラーに人気である理由

 

 

冒頭に「ハピタスは私のような陸マイラーに人気」とお伝えしましたが、何故、陸マイラーに人気なのでしょうか?

 

 

 

その前にまず「陸マイラー」とはなんぞや?ということですが、JALやANAに「マイレージ制度」というものがあるのをご存知でしょうか?飛行機に乗ると、「マイル」が貯まる、という制度です。

 

 

 

マイルの活用方法として最もメジャーな方法が「無料で航空券を発行する」という方法です。つまり、マイルをたくさん持っていると、国内でも海外でも無料で航空券が発行できるので、海外旅行をタダで行けてしまうのです(実際は燃料サーチャージや宿泊代などが必要ですけどね)。

 

 

 

ハピタスがこの陸マイラーに人気な理由が、稼いだポイントを現金にも交換出来ますが、マイルにも交換出来るのです。その方法の詳しい記事は以下の記事でご紹介しています。

 

マイルを貯める流れを把握しよう~【第2回】ANAマイラー初心者講座

 

 

 

ハピタスポイントをANAマイルに交換する方法は上記記事で詳しく書いていますが、超簡潔にお伝えすると、ハピタスで稼いだポイントは最大81%のレートでANAマイルに交換することが出来ます。

 

 

 

例えば、ハピタスで10,000ポイント(10,000円相当)を稼いだら、8,100ANAマイルに交換出来るということです。

 

 

ここで、重要な考え方を2つ。

 

 

1)1ANAマイルの価値

 

2)他の方法で8,100ANAマイルを貯める労力(どのくらいコストがかかるか?)

 

 

 

1)1ANAマイルの価値

 

 

「1マイル」の価値とは?

 

 

JALやANAはもちろん、航空会社はそれぞれのマイレージ制度を持っていて、利用者に利用状況によってマイルを付与しています。航空会社によって、あるいはマイルで発行する特典航空券の時期、路線などによって「1マイル」の価値は微妙に変わりますが、陸マイラーの中での定説は「1マイル=2円」の価値は持つであろう、ということです。

 

 

 

もちろん、2円未満のこともありますし、逆に10円以上になることもあります。細かいことを言ってはキリがないので、ここでは「1マイル=2円」とします。

 

 

 

そうすると、ハピタスポイント10,000ポイント=8,100ANAマイルに交換出来ると、先ほど説明しました。1マイル=2円の価値を持つとすると、8,100マイルは16,200円の価値を持つ、ということになります。

 

 

 

ハピタスポイントを現金に交換すると1ポイント=1円ですので、現金に交換するより、6,200円も価値が向上することになります。なので、現金に交換するよりもANAマイルに交換する方が効率的なのです。

 

 

 

2)他の方法で8,100ANAマイルを貯める労力(どのくらいコストがかかるか?)

 

 

では、ハピタスのようなポイントサイトではなく、他の方法でマイルを貯める方法を考えてみます。

 

 

 

一般的に知られている方法としては2つ。

 

 

1)飛行機に乗る

 

2)クレジットカードで決済する

 

 

 

1)飛行機に乗る

 

 

1)は定番というか、マイレージ制度の根幹となる考え方です。飛行機に乗ると飛んだ距離(マイル)数に応じて、マイルが付与されます。当然、飛べば飛ぶほどマイルは貯まりますが、普通の人はそんなに飛行機に乗りませんよね?!しかも問題なのが飛行機に乗ったとしてもその獲得マイルの効率の悪さ。

 

 

仮にANA便で東京~大阪間を往復したとしましょう。

 

 

東京~大阪間のマイル数は片道たった210マイル!往復でも420マイルです。8,100マイル貯めるためには19.5回往復しないと貯まらない計算になります。航空券代として一番安い特割でだいたい片道14,000円前後ですから往復で28,000円、合計546,000円必要となります。

 

 

 

一方、ハピタスポイントだとたった10,000ポイント(10,000円相当)で8,100ANAマイルを貯めることが出来ます。どうですか、この破壊力!

 

 

 

2)クレジットカードで決済する

 

 

では次にクレジットカードで決済する方法を考えてみます。

 

 

 

クレジットカードにもよりますが、例えば私のメインカードである「三井住友ANAワイドゴールドカード」だと、クレジットカードでショッピングの決済をすると、1%のポイントが還元されます。そしてこのポイントはANAマイルへも等価(100%)でANAマイルへ交換出来ます。

なぜ「三井住友ANAワイドゴールドカード」がメインカードなのか?はこちら

 

 

 

そこで、8,100ANAマイルを貯めるにはどのくらい決済をすればよいか?なんですが、

 

 

 

8,100ANAマイル÷1%=810,000円

 

 

 

なんと810,000円もの決済が必要です。くどいようですが、ハピタスポイントだとノーリスクで10,000ポイント稼げば8,100ANAマイルが貯まるのです。ここまでくると、おそらく初心者には理解の範囲を超える破壊力だと思います。

 

 

 

このように一般的に知られているマイルを貯める以下の方法が以下に効率が悪いか(逆にポイントサイトの効率が良いか)を、ご理解いただけたと思います。

 

 

1)飛行機に乗る

 

2)クレジットカードで決済する

 

 

 

加えて、マイルを特典航空券にすると2倍以上の価値を持つことになります。「貯める効率の良さ×マイルの価値倍増」で極めて効率よくポイントサイトで稼いだポイントを活用すること出来るのです。これがハピタスが陸マイラーに人気の理由です。

 

 

 

ハピタスを利用するためには会員登録を

 

 

現金化しても良し、ANAマイルに交換して飛行機に乗るも良し、ハピタスでポイントを稼ぐと、あなたの人生を変えてしまうくらいのインパクトを与えることでしょう。私もそうでした。今では使いきれないほどの大量のハピタスポイントを持ち、ANAマイルも年間432,000マイルを貯めることが出来るようになりました。ちなみに432,000マイルがどのくらいの価値かというとハワイにビジネスクラスで最も高い時期(68,000マイル必要)に6回往復出来るレベルです。

 

 

 

こんなことが出来てしまうようにあなたもなれるわけですが、一番最初にやるべきことはハピタスへの登録です。といっても時間にして数分、完全無料でアカウントを作成するだけなので、いますぐ下記バナーから登録をしておいてください。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

まとめ

 

 

ここまでハピタスでの稼ぎやすさと方法、現金化も良いけど、ANAマイルに交換して価値を増大させる方法を解説してきました。

 

 

 

ハピタスを使って稼ぐ方法は本当にシンプルで簡単。

 

 

 

正直、今の仕事の稼ぎで満足な人には、あまり心に響かない方法だとは思いますが、以下のような方にはぜひ実践していただきたいです。

 

 

・今の稼ぎに少しでもプラスしたい

 

・少々手間をかけることはかまわない

 

・新しいことを知ることにワクワクする

 

 

本当に人生を変えるほどのインパクトを持つポイントサイトの利用。まずは以下のバナーから登録。

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

登録したら、このブログにハピタスの利用法は色々書いてますし、下記のバナーから無料メルマガも発行していますので、ぜひ参考にして実践してみてください。

 

 

 


↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




ANA株主優待券をクロス取引(つなぎ売り)を使ってノーリスクで入手する方法

記事公開日:2018年7月11日

 

株主優待番号ご案内書

 

 

このブログを始めた時から、ずっと書こうと思っていた記事がこのANA株主優待券をクロス取引(「つなぎ売り」とも言います)をしてノーリスクで入手する方法です。

 

 

ANAの(JALでも同じですが)SFC修行に欠かせないこの株主優待券。手に入れる代表的な方法は以下の3つ。

 

 

1.金券ショップで買う

2.オークションで買う(ヤフオク、メルカリ等)

3.株主になってもらう(株主優待)

 

 

この3つの方法で1.2.はもうご存知だと思いますが、どちらも4,000〜5,000円程度が相場だと思います。この金額でも納得がいくのであれば、これらの方法で入手すれば良いのですが、私的には少々お高い感じがします。

 

 

 

そこで、手持ち資金さえ準備出来れば、最も安く手に入れられる方法が3.の「株主になる」という選択。この方法だと株主優待券1枚当たり、1,000円以下で調達出来ます。

 

 

 

株主優待の魅力とは?

 

 

この記事ではSFC修行に欠かせないANA株主優待券を例に取って「クロス取引(つなぎ売り)」の手法を解説しますが、ANAに限った話ではなく、株主優待を設定している上場企業であれば、どの企業でも株主優待をノーリスクで手に入れられる方法なので、覚えておいて損はないと思います。

 

 

 

例えば、人気の株主優待としては「日本マクドナルド」があります。

 

 

 

こちらは株主優待の権利を獲得すると、バーガー類、サイドメニュー、飲物、3種類の商品の無料引換券が1枚になったシート6枚つづりの優待食事券がもらえます。

 

 

 

また、オリエンタルランドの株主優待は、「東京ディズニーランド」または「東京ディズニーシー」いずれかのパークで利用可能な1デーパスポートがもらえます。

 

 

 

このように好きな銘柄の株主になると様々な優待特典があります。株価の上下ではなく、この優待特典を目的に株式投資をしている人もいるくらいです。

 

 

 

これらすべての株主優待を今回ご紹介するクロス取引(つなぎ売り)の方法ですとノーリスクで獲得することが可能です。

 

 

 

ANA株主優待券をクロス取引で入手する基礎的知識

 

 

株主優待を受けるには株主になる必要があるのですが、「株主=株を持つ」ということですから、気になるのは、「株を持っている間に株価が下がって損をしないの?」という心配ですよね。

 

 

 

しかし、株主優待を受ける条件としては、「権利付最終日」に現物株式を保有しておけば良い、というルールがあります。つまりこの「権利付最終日」の1日だけ保有すれば良いのです。そして「権利付最終日」の次の日が「権利落ち日」といいますが、この日になればもう売ってしまって構いません

 

 

 

 

参考までに2018年の「権利付最終日」と「権利落ち日」を掲載しておきます。ちなみにANAは3月末と9月末です。

 

 

 

 

確実に株価リスクを抑える方法とは?

 

 

たった1日保有すれば良い、とは言いましたが、実は1日でも株価は変動します。2018年7月現在のANAの株価は4,000円前後。最低100株を購入する必要があるので約40万円の資金が必要(=現物株を購入する場合。あとで説明する「空売り」にも証拠金として10数万必要)となります。

 

 

 

この株価が1日で最大700円動きますので、約70,000円程損失が出る可能性があるということです。

 

 

冒頭で、

 

 

1.金券ショップで買う

2.オークションで買う(ヤフオク、メルカリ等)

 

 

より、安く調達したい、という話でしたので、70,000円も損をしたら、元も子もないですよね。そこで、この株価変動リスクをゼロに抑えるのが、今回ご紹介する「クロス取引(つなぎ売り)」です。

 

 

 

まずは信用取引の売り(空売り)を理解する

 

 

株式投資と言えば、「株を買って保有する」と考えるのが一般的です。しかし、それ以外に「信用取引で空売りする」という取引方法があります。

 

 

 

これは手元に株を持っていなくても、いきなりを株を売ることが出来る方法です。おおまかな流れは以下の通り。

 

 

1)証券会社から株を借りる

 

2)その株を100,000円で売る→100,000円の現金が入る

 

3)しかし、借りている株なので期限までに返す必要がある

 

4)株価が10%下落した時(100,000→90,000円)に市場から現物の株を90,000円で買う

 

5)借りた株に買った株を充当し返済する

 

6)2)で100,000円が入り、4)で90,000円が出て行きますので、結果10,000円が手元に残る(=儲け)。

 

 

これが「信用取引の売り(空売り)」の原則的なパターンです。

 

 

 

クロス取引(つなぎ売り)とは?

 

 

結論的に言うと、クロス取引(つなぎ売り)は、「信用取引の売り」と「現物株の買い」を「セットで」「同時に」行うことを言います。

 

 

 

この「セットで」「同時に」というところがポイントです。

 

 

■株価が上がる時

 

信用売り・・・利益増↑

 

現物買い・・・利益減↓

 

 

■株価が下がる時

 

信用売り・・・利益減↑

 

現物買い・・・利益増↓

 

 

上記の通り、株式投資は株価が上下に動くことにより、信用売り、現物買いのそれぞれの利益は、上記の通り全く逆に動いて増減します。ですから見方を変えると、信用売りと現物買いを「同時に」行うと、プラスマイナス0円となります。つまり、同時ということは売った時、買った時の株価が同じですから。その後、株価が上がっても、下がっても、利益も出ない代わりに損失も出ず、完全に相殺されることになります。

 

 

 

ただし、株価の変動はあっても株価はプラスマイナス0円となりますが、株式取引には手数料等(手数料+税)が必要です。この記事の冒頭に「1,000円以下で入手できる」としていたのはこの手数料等が必要になるということを意味しています。

 

 

 

手数料については実際の取引の金額や証券会社別あるいは証券会社の中でもサービスによって異なるので、SBI証券の手数料を例に挙げておきます。参考として参照してください。ちょうどANA株を買った時とほぼ同じ400,000円の例が載っています。

 

※「ご注意!」の欄にもある通り、配当がある銘柄の場合は源泉税(配当金×20.315%)が差し引かれます。

 

 

 

細々した手数料は必要になりますが、たった549円です。549円の手数料でANA株主優待券を入手できると、

 

 

1.金券ショップで買う

2.オークションで買う(ヤフオク、メルカリ等)

 

 

では、相場が4,000〜5,000円ですので、これらの方法よりも、かなりお得に入手できたことになります。余談ですが、クロス取引で入手したANAの株主優待券をヤフオク等で5,000円で売却したら4,000円程度の利益が出ることになりますね。株主優待券で飛行機に乗るのではなく、これを目当てにクロス取引をする人もいると思います(基本的に転売はNGだろうからこういう表現で)。

 

 

 

クロス取引(つなぎ売り)の注意点

 

 

クロス取引(つなぎ売り)は一度覚えてしまうと簡単な取引ですが、注意点もあります。クロス取引は前述の通り、「信用取引の売り」が必要ですが、これには「制度信用取引」「一般信用取引」があります。株主優待券を出来るだけ安く入手するには必ず「一般信用取引」を選択してください。

「制度信用取引」と「一般信用取引」の違いはこちら

 

 

 

詳細は上記リンクにて確認していただければと思いますが、クロス取引を狙う私たちに関係するのは「逆日歩(ぎゃくひぶ)」という手数料についてです。簡単に結論だけ言うと、「制度信用取引」では「逆日歩」という手数料が予想外に必要となりますので、「逆日歩」が不要な「一般信用取引」を選択するようにしてください。ただし、「一般信用取引」は貸株料が「制度信用取引」に比べると高めに設定されています。

一般信用取引短期(15営業日)売りのメリット

 

 

 

おすすめの証券会社と高額ポイントがもらえるポイントサイトは?

 

 

クロス取引では「一般信用取引」を選んでくださいとお伝えしましたが、そもそもすべての証券会社がこの一般信用取引を出来るわけではありません。

 

 

 

中でもおすすめなのは「SBI証券」ですね。ネット証券口座開設数が350万口座と業界No.1ですし、信用取引が出来る銘柄を多く取りそろえています。

 

 

 

SBI証券の口座開設はハピタスを通じて申し込むと今なら4,000円分のポイントがもらえます

詳しくは以下のバナーをクリックして「SBI証券」を検索→ポイント対象条件を良く読んで申し込んでください。

 

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

なお、SBI証券が4,000円分のポイントを出しているのは過去の例を見ても結構、高水準の還元ポイントになります。こういう案件はいつ終了するか分かりませんので、早めに手続きされることをおすすめします。

 

 

 

ちなみにハピタスおよびSBI証券の口座開設は完全無料です。

 

 

 

 

口座開設後の実際の取引

 

 

 

SBI証券に口座開設をしたら、以下の3ステップでクロス取引(つなぎ売り)を行います。なお、通常の口座開設が完了したら、続いて信用取引用口座も開設する必要があるので、忘れずに手続きをしておいてください。

 

 

1)新規信用売り

 

2)新規現物買い

 

3)現渡

 

 

 

1)新規信用売り

 

1.右上「取引」→注文入力画面の「信用新規売」を選択してください。

 

2.「銘柄コード」(ANAは9202)を入力。

 

3.右にある「株価表示」ボタンを押下してください。

 

 

すると以下のような画面になると思います。

 

 

これが信用売りの注文画面です。この画面の下部を拡大してみます。

 

 

 

この部分で、

 

株数→100株

価格→成行+寄成

期間→当日中

信用取引区分→一般(15日)

 

と、ここまで入力したら、取引パスワードを入れて注文発注します。

 

 

 

2)新規現物買い

 

 

1.右上「取引」→注文入力画面の「現物買」を選択してください。

 

2.「銘柄コード」(ANAは9202)を入力。

 

3.右にある「株価表示」ボタンを押下してください。

 

 

 

先ほどと同じような画面になりますが、

 

株数→100株

価格→成行

期間→当日中

預り区分→特定預かり(NISA口座がある人はNISAを選択)

 

と入力し注文発注します。

 

 

そして大切なことは、ここまでの注文をクロス取引を行う日(理想は「権利付最終日」)の前日の相場が終わった後~「権利付最終日」の相場が始まる前までに完了させておくことです。

 

 

 

これにより、クロス取引を行う日(理想は「権利付最終日」)の相場が始まった瞬間、「信用売り」と「現物買」の両建てで注文が成立(約定)するはずですので、9:00を過ぎた時点で、上のメニューにある「当日約定一覧」で約定しているか確認します。

 

 

 

約定していることを確認出来たら、権利付最終日の15:00を超えるまでそのまま保有します。現物株を持ったまま15:00を過ぎると株主優待の権利が確定します。

 

 

 

3)現渡し

 

 

権利付最終日の翌日、「権利落ち日」の相場が始まったら(始まる前でも良い)、最後の3)現渡しを行います。

→現渡の取引方法はこちら

 

 

 

これでクロス取引(つなぎ売り)の手続きが完了しました。後は株主優待券が入った封筒が届くのを楽しみに待っていてください。

 

 

 

信用売りをするタイミングに注意

 

 

ここでちょっと注意事項を。

 

 

 

上記の通り、取引を進めて行けば問題なくクロス取引(つなぎ売り)が出来ると思いますが、あくまでも「信用売り」については証券会社から株を借りていることになります。

 

 

 

ということは、証券会社も際限なく対象の株式を持っているわけではなく、在庫に限りがあります。当然ですが、在庫が無いと信用売りが出来ないことになります。この在庫を確認するには信用売り注文をする画面で以下の場所を参照します。

 

 

 

ここが、以下のいずれかで在庫状況を表示しています。

 

 

◎(余裕あり)

 

▲(残りわずか)

 

×(受付不可)

 

 

◎(余裕あり)と▲(残りわずか)ですと、新規信用売りを発注出来ますが、×(受付不可)ですと、注文自体が出来ません。

 

 

 

ANAなどの優待が人気の株だと権利付最終日が近付くと、みんな同じことを考え出すので、どんどん在庫が減っていきます。

 

 

 

「では、出来るだけ早めに注文しておけば?」

 

 

 

と考えるかもしれませんが、上記の手数料のところでありましたように、信用売りを建てますと、貸株料(年3.9%)が日割りでかかってきますので、コストがかさみ、場合によっては1,000円を大きく超えてくることもあります。

 

 

 

ですので、早めに在庫チェックを初めて、出来るだけ権利付最終日に近いところで、注文を出すようにしましょ

 

 

 

 

 

クロス取引(つなぎ売り)まとめ

 

 

新規信用売りと新規信用買いの注文を同時に出し、1日だけ株式を保有し、株主になって、翌日には現渡で手放すことで、株主として株主優待を受ける権利をもらえます。

 

 

 

かつ、手数料も549円のみ(税別)で、5,000円近く価値があるANA株主優待券を手に入れる。

 

 

 

何だか話がうますぎて、怪しい感じがするかもしれませんが、株式投資の世界ではしっかり認められた手法ですし、SBI証券でもクロス取引(つなぎ売り)を推奨していますので、安心して取引してみてください。

 

 

 

こうして得たANA株主優待券。ヤフオクで売ってしまって現金化、という手もなくはないですが、陸マイラーとしては、ANA株主優待券を持っていると、便の急な変更などにも対応出来てとても使い勝手の良く、かつ飛行機代が安くなる(特に繁盛期)ので、実際にフライトやSFC修行する際に、非常に重宝することと思います。

 

 

 

ブログでクロス取引(つなぎ売り)について、文章で書くと、非常に手間がかかって面倒くさいように感じられるかもしれませんが、実際は一度覚えてしまえば、とても簡単な操作ですし、資金も最短で1日拘束されるだけで翌日には戻ってきますので、超低金利の銀行に眠らせておくよりは大変有効な資産活用にもなります。ぜひ積極的に活用してみてください。

 

 

 


↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




【検証済み】新LINEルートとは?ソラチカカードを使ってマイルを大量に貯めるために必要なルートまとめ【最新版】

公開日:

 

LINEポイントに交換できるポイントサイト

 

 

 

「(旧)ソラチカルート」閉鎖について

 

 

2018年4月1日、飛行機に乗らずともマイルを大量に貯めている陸マイラーにとって、衝撃的な改悪が行われました。

 

 

 

それが「ソラチカルートの閉鎖」です。

 

 

 

旧ソラチカルートでは以下のようなルートでポイントを交換すると、ポイント×90%でANAマイルに交換することが出来ていました。

つまり、10,000ポイントを9,000ANAマイルに交換すること出来たのです。

 

 

 

 

これが正に陸マイラー界で語り継がれてきた「ソラチカルート」であり、ANAマイルに限られるとはいえ、本当に唯一無二の高還元率ルートです(でした)。

 

 

 

他にもポイントをマイルに交換するルートはあるものの、通常は10,000→5,000マイルが相場です。それが相場の80%増しでマイルを貯められるのですから、本当にすごいことですよね。

 

 

 

しかし、ポイントやマイルに限ったことではなく、本当においしい情報とは長続きしないものです。三方良しがバランスよく続く場合もありますが、誰かに負担のしわ寄せが及び、いつかは解消されることが一般的でしょう。

 

 

 

この旧ソラチカルートもどんな大人の事情があったかは定かではないですが、突然ルートが閉鎖されてしまいました。

ソラチカルート閉鎖についてはこちらで詳しく説明しています。

 

 

 

救世主か?!新LINEルートの出現!

 

 

その後、他に高還元率でマイルを貯めるための新しいルートがないか?多くの陸マイラーたちが即座にリサーチしました。そして発見されたのが、「新LINEルート」です。

 

 

 

 

上記が新LINEルートです。ちなみに新LINEルートとして有望なルートは2つあります【2018年6月最新版】。

 

 

 

では還元率は一体いくらなのか?

 

 

 

結論から言うと、これまでの旧ソラチカルートではポイント×90%でANAマイルに交換出来ましたが、新LINEルートでは以下の通りとなります。

 

 

LINEルート① 81%

 

LINEルート② 73.6%(四捨五入しています)

 

 

これまでの90%が81%、、、納得出来るか出来ないかの微妙なラインではありますが、こればかりは仕方ありません。受け入れましょう。

 

 

 

ただ、LINEルート①を見てみると、還元率の低下よりも改悪となったのは、ルートの長さです。旧ソラチカルートでは3回の交換でANAマイルへ移行出来ていましたが、新LINEルートでは6回もの交換が必要です。

 

 

 

しかも今回新たに出現した交換ポイントの「Pex→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)」の交換タイミングが遅いです。実際にどれくらいかかるか?を一通り実際に検証してみましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

1)ハピタス→Pex 

→3営業日以内

 

2)Pex→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)

当月末締め→翌月18日頃(実際に画面で確認出来るのは25日頃

 

3)三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)→Gポイント

→リアルタイム

 

4)Gポイント→LINEポイント

→2~3日(公式。実際は即日もあり)

 

5)LINE→東京メトロ(メトロポイント)

15日締め→翌月11日頃

 

6)東京メトロ(メトロポイント)→ANAマイル

→月末締め→翌月5日頃

 

 

最も大きなポイントは2)と5)の交換のタイミング(赤字の部分)。特に2)のPex→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)の締め切りが月末で反映が翌月25日なため、ここでタイミングが悪ければ悪いほど(=1日に近いほど)期間が長くなり、最大ここだけで約2ヶ月必要になってしまいます。

 

 

 

仮に7月11日にハピタスからポイント移行を開始した場合、ANAマイルに交換するまでのスケジュールは以下の通りとなります。

 

 

1)ハピタス 7/1→Pex 7/3

 

2)Pex 7/3→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)8/25

 

3)三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)8/25→Gポイント8/25

 

4)Gポイント8/25→LINEポイント8/28

 

5)LINEポイント8/28→東京メトロ(メトロポイント)10/11

 

6)東京メトロ(メトロポイント)10/11→ANAマイル11/5

 

 

なんと、ANAマイルへの交換までに4ヶ月(※)もかかってしまいます。時間がかかるだけではなく、交換回数が増えたことによって、手間が増大しています。実際、新LINEルートでポイントの交換をやってみるとわかるのですが、しっかりスケジュール管理をしておかないと、「あれ?ここのポイント交換したっけな?ここの締め切りはいつだっけ?」となって混乱します。

 

(※)2)の交換時期が月初1日に近いほど長い時間を要します。

 

 

 

 

新LINEルートの隠れたデメリットに注意

 

 

それから注意しないといけないことは、Gポイント→LINEポイントへ交換する際に5%の手数料を取られることです。

 

 

 

 

ただし、上記の画像にも記載があるように、手数料還元サービスでポイントを獲得すると5%が戻ってきますので、対象サービスを利用しておきましょう。ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。(2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得が完了していればOK)

 

ポイント交換手数料還元の仕組み

 

 

 

「たかが5%でしょ」と私も最初は考えていたのですが、ANAマイルを毎月18,000マイルを貯めようとすると、最大約22,222ポイントをLINEポイントに交換することになるのですが、22,222×5%≒1,111円分のポイントが取られる計算になり、これを1年続けると13,332円分のポイントが取られることになります。痛いですよね。

 

 

 

さらに、手数料還元サービスには楽天各種サービスやYahoo!ショッピング、じゃらんなど主要なサービスが対象となっているので、利用のハードルは高くないですが、ポイント加算時期が遅い場合があるので、ポイント交換時に対象になるように早めに利用をしておきましょう。

 

 

 

 

 

4ヶ月待てない人は「Pex→LINEルート」で交換がおすすめ

 

 

旧ソラチカルート閉鎖に伴い、新LINEルートがクローズアップされているわけですが、さすがに交換が6回、期間にして4ヶ月もかかるとなると、いくら81%の高還元率だとしても、「もっと簡単に交換できんのかいっ!」と思う方もいるでしょう。

 

 

 

そんな陸マイラーの気持ちを察してか、2018年6月1日よりPexからこんな発表がありました。

 

 

~2018年5月31日

Pex 150ポイント→LINE 10ポイント(交換レート66.6%)

 

2018年6月1日~

Pex 110ポイント→LINE 10ポイント(交換レート90.9%

 

 

 

驚きの改善ですね。これにより、交換6回、4ヶ月かかる新LINEルートを経なくても、ショートカットした交換ルート(上記図のLINEルート②)でANAマイルに交換することが出来るようになりました

 

 

 

どちらが良いか?

 

 

 

これはもう個人の好みです。旅行やSFC修行の計画があって、早くマイルがほしい方はLINEルート②で還元率は下がるけど、やむなくスピードを取る、一方、特に急がずボチボチマイルを貯めれば良い、という方は、LINEルート①を選択することになるでしょう。ちなみに私は、せっかく貯めたポイントですから、やはり還元率を少しでも高めたいと思うので、LINEルート①を選択しています。

 

 

 

今回のようないわゆる「改悪」は、いつ何時起こるかわかりません。しかし、私たち陸マイラーはそれに合わせて形を変えていくしかありません。大切なことは「今やりたい」と思ったことを後日に繰り延べしないことです。今ある美味しい案件が後日もあるとは限りません

 

 

 

「改悪」は常にある、と肝に銘じて、日頃からいろんなところからポイントをコツコツ集めれられるだけ集めて、定期的にしっかりマイルへ交換していきましょう。

 

 

 

新LINEルートに必要なポイントサイト&カード

 

 

これから、新LINEルートを構築される方のために必要なポイントサイトとクレジットカードを以下にご紹介しておきます。すべて用意するとなると、面倒に感じるかもしれませんが、今すぐ、一気に登録しておくことをおすすめします。理由は、「名前」「住所」「連絡先」「生年月日」「パスワード」など、結構同じような項目を入力するので、一気にやった方がトータル時間を節約できるからです。大変なのは最初だけです。がんばってください!

 

 

 

■ハピタス

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

口座開設(無料)はこちら

 

 

■Pex

 

口座開設(無料)はこちら

 

 

■三井住友カード(ワイドゴールドカードがおすすめ→理由はこちら

 

 

 

■Gポイント

 

口座開設(無料)はこちら

 

 

■LINEポイント

 

お使いのLINEアカウントで利用可

 

 

■東京メトロ(メトロポイント)

 

1)モッピーで口座開設(無料)する

 

2)「ANA JCB」で検索→ソラチカカードを発行する

(キャンペーン開催されていない可能性あり)

 

上記でキャンペーンが開催中ならばモッピーのポイントももらえます(2018年6月30日現在:3,000円相当)。

詳しくはこちら

 

もし、キャンペーンが終了していたら(ソラチカカードが対象から外れていたら)以下の公式サイトから発行してください。

ソラチカカード公式サイト

 

 

 


↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓




他の読まれている記事はこちら

1 2 3 44

陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは200万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはSPG、マリオットホテル→プラチナヒルトンホテル→ゴールド「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。LINEルートに必須。

Gポイント
【Gポイント】
交換先が多く、LINEルートを確立するために最も重要なポイントサイト。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識していて、特にJALマイルを貯めたい人は開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。たまに高額還元額の案件も出る。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントも狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ