【マイルの貯め方】一気にANAのマイルを10万マイル以上貯める方法【初心者でもOK】

 

このページのタイトル「【マイルの貯め方】一気にANAのマイルを10万マイル以上貯める方法【初心者でもOK】」を見たあなたは、

 

ホントに10万マイルも貯めることができるの?

 

と、考えていると思います。今となっては私にとって、ごく当たり前のノウハウですが、最初にこのノウハウに出会った時は、同じように思ってました。

 

結論から言うと、一気に10万マイル以上獲得することは初心者でも可能です。

 

※マイルは各航空会社が発行していますが、ANAのマイレージ制度が最も早く貯められるので、この記事では初心者向けとしてANAマイルを貯める前提で書いています。

 

大量のANAマイルを貯めるために重要な2つの考え方

 

まず大前提となる話をしておきます。とは言っても難しい話ではありません。大量マイルを貯めるために重要な考え方は2つあります。

 

1)まずはポイントサイトを利用してポイントを貯める

2)貯めたポイントをポイントサイトを経由してマイルを貯める

 

この2つです。

 

1)まずはポイントサイトを利用してポイントを貯める

 

まず、大大大前提。

 

「マイルを貯める方法」って考えた時に、通常だと思い浮かぶのは、「飛行機に乗る方法」「クレジットカードを使う方法」ではないでしょうか。

 

これらの方法は、「利用すると直接マイルが貯まる」のですが、ハッキリ言って、これらの方法で10万マイル貯めるのは至難の業です。なぜなら還元率(使った金額に対してもらえるマイルの割合)がせいぜい0.5~1.5%程度だからです。

 

一例を挙げて見ると、10万マイルを貯めるために、クレジットカードを使うと、一般的なカードを利用した場合2000万円の決済が必要です。

 

「ポイントサイト」ってご存知でしょうか?

 

大量マイルを貯めるにはこのポイントサイトを利用し、まずはポイントを貯める必要があります。

 

ポイントサイトとは、カンタンに説明すると、「ポイントサイトに掲載している広告(楽天などのネットショッピング、旅行などのサービス等)を経由して、ネット購入やサービスを利用すると、あなたがポイント(=現金にも変えられる)をもらえる仕組み」のことです。

 

詳しくは以下の記事に書いていますので、そちらも併せてお読みください。

マイルを大量に貯めるために必要なハピタスとは?メリットと注意点【2019最新版】

2019.05.05

 

2)貯めたポイントをポイントサイトを経由してマイルを貯める

 

そして、上記1)のポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換するわけですが、いきなりポイントサイト→ANAマイルへの交換はしません

 

実は、貯めたポイントはそのままマイルに交換出来ないのです(厳密に言うと交換は出来るのですが、還元率が悪くなりますので、おすすめしていません)。

 

なので、以下のように、各ポイントサイトを経由して、ポイントをANAマイルに交換していきます。

なぜ、こんな面倒なことをするかと言うと、このルート上のポイントサイト同士の交換は、ほとんどのポイントサイト間で交換率が100%となっていることをご理解いただけると思いますが、ポイントの交換は最終目的のANAマイルに交換するために最も減価しにくい(価値が減らない)ように考えられたルートを通す必要があるからです。

 

ポイントサイト→ANAマイルへの直接交換する場合の交換率は、30~50%に目減りするのが相場なのですが、上記のルートですと最大81%で交換することができます。

 

上記のルートを形成するために必要なポイントサイトは「大量のマイルを貯めるのに陸マイラー必須のポイントサイトおすすめ一覧」でまとめて紹介していますので、サクッと、口座開設(無料)しておいてください。

 

まずは10万マイル相当の「ポイント」を獲得する

 

大量マイルを貯めるために重要な基本的な考え方が理解→ポイントサイトの口座開設ができたら、さっそくポイントサイトで、ポイントを貯めていきましょう。

 

10万マイルという大量のマイルを一気に貯めるには、ポイントサイトにある高額ポイントを獲得できる広告を狙います。

 

大量のマイルを貯めるのに陸マイラー必須のポイントサイトおすすめ一覧」で紹介しているポイントサイトの中でも、私がメインに使っているポイントサイト「ハピタス」を利用した場合で説明します。(他のサイトでも基本的には同じような感じです)

 

まず、ハピタスにログインします。

サイトの上部にあるメニューの中から、「サービス」をクリック。この中でも一気にマイルを獲得するには、大きな広告費が動く業界のサービスを選ぶ必要があります。

 

例えば、上記で赤線を引いているような業界になります。

 

・クレジットカード

・銀行・証券

・FX・CFD・先物取引

・不動産

・美容・エステ

・キャッシング・ローン(※)

※このうち、「キャッシング・ローン」は、借金をするためのカード発行ですので、個人的にはあまりおすすめしませんが、理解した上で発行出来る方なら、もらえるポイントが高い案件なので、もちろん積極利用してもらってもかまいません。

 

それでは、いくつか高額ポイントを狙える広告をピックアップして、具体的にポイントを貯める方法を解説していきます。

 

クレジットカード

 

クレジットカードは、年会費無料や初年度無料などの案件が多く出ています。その場合、コストもかからないので、カード発行するだけで、大きなポイントを獲得することが出来ます。必要なければ、ポイント獲得後に解約してもOKです。

 

例えばハピタスにログインして、NTTドコモ「dカード」と検索してみてください。

 

NTTドコモ「dカード」はNTTドコモが発行しているクレジットカードで、年会費永年無料なのに、6,600pt(6,600円分)もらえます(時期によって変動します。普段はたった485pt!)

 

ちなみにドコモが発行しているカードになりますが、ドコモのキャリア(ドコモの回線契約)を持っていない方でも発行は可能です(先にdアカウント(無料)は必要になりますが、ハピタス経由のdカード発行画面から同時に申し込みが可能です)。

 

あなたは今、なぜ、こんなに美味しい話があるのか?と考えておられるかもしれません。このことが可能な理屈は簡単です。

 

カード会社はカードを発行して、利用してもらってナンボです。なので、まずはとにかくカードを発行しないといけません。そこで、高額な広告費を払ってでもカードを発行してくれる会員を獲得したいわけです。

 

そのために多額の広告予算を取っていて、要はその予算を誰に配分するか、です。

 

ではカード発行を手伝ってくれる人は誰でしょう?

 

1)ショッピングセンターや百貨店、空港などで、小さな机を出して、募集する人

2)アドワーズなどネット広告業者

3)アフィリエイター

4)ハピタスなどの広告を掲載してくれるポイントサイト

 

このような方々が中心になって、カード発行をお手伝いする謝礼として、カード会社の広告予算から1)から4)のカード発行を勧めた業者が手数料をもらう仕組みになっています。

 

この中でも、特徴的なのが、「4)ハピタスなどの広告を掲載してくれるポイントサイト」です。当然、カードが発行されると、ポイントサイトにも謝礼は支払われますが、その謝礼の一部を利用したあなたにも還元してくれているのです。1)~3)では、カードを発行したあなたはあくまでもお客さんであり、あなたに謝礼は支払われません。

 

こういう理由から、ポイントサイトを経由してカードを発行すれば、あなたに謝礼として大きなポイントが入る、というわけです。

 

この仕組みを知っているか、知らないか。ですね。

 

ここが、マイルを貯めていく上で根幹となる部分ですので、よく理解して覚えておいてください。

 

こうした仕組みでポイントサイトでのクレジットカード発行は、実際にやってみると、

 

「本当にこれだけで、こんなにポイントをもらっていいの?」

 

と、思うくらいカンタンにポイントを獲得できます。

 

ただ、カード発行で1点だけ気を付けないといけないことがあるのですが、実際に一度、カード発行で、大量のポイントを貯めた経験をすると、うれしくなって次々に何枚もカードを発行しがちです。

 

しかし、簡単にカードが発行出来るからといって、一気に多くのカード発行することには注意した方が良いです。

 

クレジットカードの背景には、あなたの「信用力」が存在します。要は、あなたにクレジット決済(=後払い)させて、ちゃんと支払ってくれるのか?ということです。

 

ですので、信用力が高い人でも、信用力をオーバーするほど一気に何枚ものカードを発行してしまうと、「ホントに全部支払えるの?」と疑われ、どこかのタイミングで審査に通らなくなる事もありますので、あまり集中してカード発行するのは控えておきましょう。

 

目安として、一般的には1ヶ月に3枚くらいまでと言われています。(※信用力は個人によって異なりますし、クレジットカード会社の審査の基準も一定ではないと思うので、3枚だと必ず安全というわけではありません。あくまでも目安として自己責任でお願いします)

 

話を戻しますが、このカード発行で獲得したポイント(6,600pt)を「LINEルート」に乗せてマイルに交換すると、×0.81でマイルに交換できるので、5,346マイルを貯めることが出来ます

 

5,346マイルをクレジットカード決済で貯めようと思うと、一般的な還元率0.5%として1,069,200円以上は使わないと貯まりません

 

それが、このカード発行一発(しかも無料)で貯まるわけですから、その破壊力はご理解いただけると思います。

 

中には、不定期にタイムセールが行われ、以下のような高額ポイントを獲得できる案件も出てきますので、出来れば毎日チェックして逃さないようにしてください。

20150919164628

 

 

銀行・証券

 

次は銀行・証券系です。

 

銀行・証券系はクレジットカードのように信用力の調査は厳密ではありませんので、多くの場合、単純に口座開設だけで報酬が得られます

 

例えば、ハピタスにログインして、「カブドットコム証券」と検索してみてください。

口座開設して、つみたてNISAにて取引をするだけで、4,600ptもらえます(LINEルート経由で3,726ANAマイル)。

 

注意点としては、ポイント獲得要件として「口座開設+取引」となっていることに注意です。

 

もちろん、取引が可能であれば、問題ないのですが、「口座開設だけでポイントゲット!」ではないので注意が必要ということです。ハピタスには「ポイント対象条件」が書いてありますので、必ず目を通すようにしましょう。

 

FX・仮想通貨・先物取引

 

次はFX・仮想通貨・先物取引です。仮想通貨・先物取引は、ちょっと複雑な取引ですし、案件も少ないので、FXに絞って解説します。

 

FXの広告を利用してポイントを獲得する場合、注意すべき点は、先ほどの銀行・証券でも説明した通り、「ポイント獲得条件」に注意が必要です。

 

現在、FX会社の広告は、「口座開設+(入金額)+取引」でポイントを獲得できるものがほとんどです。

 

最近、入金額の条件は少なくなりましたが、注意すべきは「取引条件」。中には、「それってプロレベルじゃ?」と思うくらい、取引条件が膨大なものも存在しますので注意してください。

 

よって、入金額が低く、取引条件が厳しくないもの、を狙いましょう。

 

例によってハピタスへログイン、「SBI FXトレード」で検索してみてください。

 

こちらのFX口座開設は、13,200ptがもらえる案件です。高いですね。ただ、FXの場合は「ポイント獲得条件」も必ずチェックします。

SBI FXトレードの場合、「30日以内に新規注文で合計20万通貨以上のお取引完了」が条件になっています。

 

ここでは具体的な取引方法を詳しく説明しませんが、FXの場合、通常1万通貨が1回の取引の基本単位となっています。ですので、20回取引をすれば良い、という意味になります。この程度ですと、初心者の方でも取引が可能なレベルになります。

 

一方、それでも取引には不安だ、という方に、もう一つ案件を紹介しておきます。

 

ハピタスへログイン、「外為ジャパンFX」で検索してみてください。

こちらの「外為ジャパンFX」の場合は、もらえるポイントが4,000円と少なめです。その代わり、ポイント獲得条件は「口座開設+1lot取引完了」となっていますので、SBI FXトレードよりポイント獲得はカンタンです。

 

いずれにしてもFXの案件のほとんどは、取引量の大小はあるにしても「取引」をしないといけない点で共通しています。FXどころか、投資自体やったことがない方は、「FXって怖いんでしょ・・・?」と思っている方もいると思います。

 

しかし、ポイントを貯める目的でFXの口座開設をするわけですから、通常の取引ではなくて、発注→即決済を繰り返します。そうすることで、一回の取引を10円程度の損で抑えることが出来ます。大量ポイントを獲得出来ることを考えると、多少の損害額は必要な経費として考えて、前向きにチャレンジされることをおすすめします。

 

不動産

 

最後に不動産です。不動産といっても、契約を前提としたものから、相談のみというものまでいろいろあります。相談のみの広告は、必ずしも加入する必要はなく、営業マンとの面談だけで高額ポイントが獲得できます。

 

ハピタスへログインして、「GA technologies」で検索してみてください。

この不動産広告を利用すると一撃で40,000pt!ただ、ポイント獲得条件については、上記の通りかなり条件を満たす必要があるので要チェックです。隣のタブにある実際に利用したことがある人のレビューも参考にしてみましょう。

 

不動産の話って普段、なかなか聞く機会がないと思いますので、この機会に真剣に話を聞いてみるのも良いかと思います。そういう機会を創出しているのもポイントサイトの役割でもあると思います。勉強もかねた気持ちで面談されることをおすすめします。ちなみに話を聞いて必要がなければ、その後の勧誘があってもキッパリとお断りしましょう。

 

もし条件がOKで不動産に関心があれば、一撃で40,000ptです。一気に10万マイルが見えてきます。

 

一気に10万マイル貯める方法まとめ

 

このようにクレジットカード、銀行、証券、FX、不動産、その他を、ポイントサイトで複数案件をこなしていけば、まずは123,456ポイントを目標にポイントを貯めましょう。

 

このポイントを所定のルートに載せてANAマイルに81%の交換率で交換すると、10万マイル以上貯めることが出来ます。私は3ヶ月くらいで10万マイルを貯めることが出来るようになりました。

 

10万マイルを貯められるようになったら、次は年間216,000マイルを目指しましょう。実際、私も年間216,000マイルをコンスタントに貯めていますが、このくらいマイルが貯まったら、何が出来るか?や、216,000マイルを貯める方法を以下の記事に書いていますので、ご関心があればどうぞ。

マイルを大量に貯めたいと思っている方へ。人生を変えてしまうほどのマイルの貯め方を教えます。

2018.12.11