100%還元案件に参加しよう~【第6回】ANAマイラー初心者講座

 

 

前回の初心者講座はこちら

ポイントサイトで高額案件に参加しよう~【第5回】ANAマイラー初心者講座

 

 

 

さて、第5回までの実践を終えると、どんどんマイル(ポイント)が貯まっていく感覚が理解出来てくると思います。

 

 

 

しかし、第5回でお伝えしたように「高額案件」に参加できる案件には限りがあります。

例えばカード発行案件。一度に何枚も発行したり、毎月多くのカードを発行したりしていると、いずれ審査に通らなくなる事態も想定されます。ですので、あまり無茶は出来ません。

 

 

 

そこで、一通り、カード発行案件でマイル(ポイント)を貯め、カード発行などのスケジュール感も身についてきたら、次は「100%案件」にチャレンジしましょう。

 

 

 

「100%還元」案件とは、ポイントサイトを通じて購入した商品と同じ金額に相当するポイントをバックしてくれる制度です。つまり、実質無料で商品が手に入るということになります。例えば、マイラー御用達のポイントサイト「ハピタス」で説明します。

 

 

 

まず、ハピタスにログインして、左上の「ショッピングでためる」までカーソルを持っていくと、以下のようなメニューが出てきます。そのメニューの右側に「100%バック」というところがあるので、それをクリックします。

 

hapitas100_1

 

 

 

そうすると、100%還元の案件がずらっと出てきます。

※パーセンテージは最初の執筆時の情報になります。最近は50~80%が相場です。以下の考え方は同じですのでその点を考慮してお読みください。

 

 

 

例えば、その案件の中に、「ふるさと青汁」という案件があると思います。

このふるさと青汁は税込で4,104円です。100%還元なので、ふるさと青汁を購入すると、4,104ポイントがハピタスで貯まります。

 

hapitas100_2

 

 

 

この4,104ポイントはソラチカルートで3,693マイルになります。3,693マイルというと、カードで369,300円分の決済をしないと手に入らないマイル数です(1%還元時)。もちろん、青汁の現物も手に入ります。

 

 

 

ただ、察しが良い方なら、もうお気づきだと思いますが、これだけだと確かに購入金額⇒ポイント数×0.9=マイル数になり、確かに大変お得にマイルが手に入ります。しかし一方で、マイルを手に入れるために出費が伴いますよね。

 

 

 

そこで、この手に入った青汁を利用します。

 

 

 

ちなみに「以前から青汁が飲みたかった!」という方は、そのまま飲んでください(笑)。ただ、青汁にはあまり興味が無い方、無料でマイルを獲得したい方は、ヤフオクで売ってしまいましょう

 

 

 

青汁は、あなたが嫌いでも、実は全国にファンがいます。ですので、安定的に需要があります。以下の画像をご覧ください。

 

hapitas100_3

 

 

 

青汁の価格相場は常に変動しますので、売れる金額が固定されているわけではありませんが、おおよそ2,000~3,000円で売られているようです。仮に中間を取って2,500円で売れたと仮定します。そうすると以下の図式が成り立ちます。

 

 

 

現金4,104円

 

↓(ふるさと青汁をハピタス経由で購入)

 

ハピタスポイント4,104ポイント+ふるさと青汁現物

 

↓(ふるさと青汁をヤフオクで売る)

 

ハピタスポイント4,104ポイント+売上2,500円

 

↓(ハピタスポイントを1,604円分現金へ換金)

 

ハピタスポイント2,500ポイント+現金1,604円+売上2,500円

 

↓(ハピタスポイントをマイルに交換)

 

ANAマイル2,250マイル+現金4,104円

 

 

 

 

つまり、2,250マイルが無料で手に入った計算になりますね。

 

 

 

これを繰り返して行けば、継続的に実質無料でマイルを貯めることが出来ます

 

 

 

日頃から、

 

 

・効率よくポイントが貯まる案件はないか?

 

・貯めたポイントはマイルに変えられるか?

 

・ポイントやマイルの2重取り、3重取りは出来ないか?

 

・転売などを利用出来ないか?

 

 

を意識するようになれば、10万マイルはすぐ目の前です。

 

 

 

次は陸マイラーの奥義、友達紹介の手法を解説します。

 

友達紹介を極めよう~【第7回】ANAマイラー初心者講座