ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【ヒルトン宿泊記】口コミしたくなる!ダブルツリーbyヒルトン那覇で感じたヒルトンHオナーズゴールド会員の威力

 

 

 

2017年、初のANAフライトはやっぱ沖縄でしょ。

 

 

ということで、関西-那覇、那覇-関西で往復してきました。そして帰りの便は、ANAで初となるプレミアムクラスへの当日アップグレードに挑戦。年初からワクワクしまくりです。

 

 

当日アップグレードに関しては後日。

 

 

今回の沖縄、実はANA便での沖縄フライトがメインの目的ではありませんでした。先日、ヒルトンHオナーズ(Hilton H Honors)のゴールド会員になったので、その威力とやらを生で体験してみたい!と思い立ち沖縄へ、というのが本当の目的です(ヒルトンホテルは全国、いや全世界にあるわけですが、沖縄をチョイスしたのはやはりマイラーとしての血が騒ぐから?)。

 

 

ちなみにヒルトンホテルは、度々50%オフのキャンペーンを開催しており、格安、激安でヒルトンホテルに宿泊出来ます。もちろん、ヒルトンHオナーズ会員のみ対象です(今回はこのキャンペーンは使ってない)。

 

 

 

 

ダブルツリーbyヒルトンについて

 

 

ヒルトンHオナーズゴールド会員はたくさんのメリットに溢れています。ヒルトンHオナーズゴールドのメリットはこちらの記事にまとめてあります

 

 

今回は、そのゴールド会員のメリットを堪能するために那覇市にあるダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊。

 

 

沖縄のヒルトンホテルは、私が宿泊したダブルツリーbyヒルトン那覇(2012年4月開業)、ダブルツリーbyヒルトン那覇首里城(2016年7月)、ヒルトン沖縄北谷リゾート(2014年7月開業)の3つがあります。

 

 

ちなみに今、沖縄で4つ目となるヒルトンホテル開業計画が金武町で進んでいます。ヒルトンの沖縄へかける意気込みは相当なものですね。開業したらぜひ泊まってみたいです。

 

(出所:沖縄金武リゾート株式会社)

 

 

 

なお、ダブルツリーbyヒルトンというブランドですが、世界6大陸の都市部、そしてリゾート地において急成長を遂げているヒルトン・ワールドワイドのホテルブランド。ホテル数は全世界440軒超、総客室数は約40,000室。ダブルツリーbyヒルトンの特色としては到着時にもらえるダブルツリーbyヒルトン特製の温かいチョコチップクッキーが有名です。なおダブルツリーブランドは日本では沖縄にしかありません。

 

 

そしてこのダブルツリーbyヒルトン那覇も2012年にホテルソルヴィータプレミア旭橋という元々あったホテルをリブランドしたものです。ですので、あまりハード面は期待できませんが、ホスピタリティやゴールド会員向けのサービスの体験が主な目的です。

 

 

それにしてもヒルトンHオナーズのゴールド会員になっただけで、ヒルトンについてドンドン詳しくなるような気がします。これもステイタス会員の魅力、というかこうやって病みつきになっていく心理を利用する罠にハマっているということでしょうね。

 

 

 

ダブルツリーbyヒルトン那覇の口コミします

 

 

ホテル入口。ぼけてます、すみません

 

 

ダブルツリーbyヒルトン那覇はゆいレールの旭橋駅の目の前にあります。徒歩1分くらいなのでとても便利なところにあります。

 

 

まず、フロントにて。

 

 

「あの、陸マイラーHiroと申します」

 

 

「Hiroさま、いつもご利用ありがとうございます」

 

 

と、ごくごく一般的な挨拶が交わされます。でも中身は違います。一般的な挨拶とは違って、この時点でスタッフは端末を見ているわけで、私がゴールド会員だということをチェック済みの状態です。

 

 

で、このスタッフが端末画面を見た時のリアクションで、「あ、ゴールド会員だ」という、良く見ていないと見逃してしまうスタッフの挙動がステイタス会員の心をくすぐります。その証拠に今回のスタッフも明らかに表情とトーンが変わり応対が丁寧になっていました。

 

 

 

そして、ゴールド会員向けの数々の説明がなされます。そして恒例のチョコチップクッキーが。

 

 

このチョコチップクッキーは、アメリカでは家庭でクッキーを焼くことをお母さんから必ず教わるほど、クッキー文化が発展しているので、ヒルトンホテルに来た時に渡されるのは、「おかえりなさい」という意味が込められているそうです。

 

 

でも、ちょっと甘すぎるかな。。。遠くから移動してきて疲れた体にはいいかもしれませんが。このあたりも日本人の口に合わせてくれたらベストなんだけど。日本人がオーナーならやるな、きっと。

 

 

 

次に渡されたのはWiFiパスワード無料券と、ウェルカムドリンク券。これもゴールドならではのサービス。このウェルカムドリンク券ですが、ダブルツリーbyヒルトン那覇は前述の通り、ホテルソルヴィータプレミア旭橋からのリブランドなので、通常ヒルトンホテルにあるエグゼクティブラウンジがありません。ですので1Fのレストランでのドリンク提供になります。ちなみに「GoldVIP」と書いてあるのが心をくすぐります(明らかにゴールド初心者)。

 

 

なお、このフロントでのスタッフとのやり取りの間、隣でチェックインしていた韓国人の対応をしていた日本人女性スタッフの英語の発音が超スゴ良すぎて、逆に外国人が聞き取れない、という事態になっており、その日本人女性スタッフの英語力に感心するとともに、発音良すぎて伝わらなかったらポスピタリティ面でダメじゃん、とも思ってみたり。そっちの方が気になって仕方ありませんでした(どーでもいいことですみません)。またダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊されたら、超スゴの発音が聞こえてきたら「あ、この人だ」と思ってもらえるかもしれません。

 

 

最後に、ルームキーが手渡されます。

 

 

「VIPGold」ってちゃんと書いてあります。なお、ヒルトンHオナーズゴールド会員は朝食が無料になります。このメリットは本当にありがたいと思うメリットの一つです。ダブルツリーbyヒルトン那覇では、この朝食時に朝食券などはなく、このルームキーをスタッフに見せることでレストランへ入れます。この時のスタッフの「あ、ゴールド・・・」というリアクションと瞬時にグレードアップされる笑顔も見逃せません。

 

 

それから、ダブルツリーbyヒルトン那覇では朝食会場の席の予約もしてくれました。最近の沖縄は外国人だらけで、ワイガヤの中、日本人がやっとのことで席を確保し、肩身の狭い想いで食事をすることが少なくありません。しかし、そこはゴールド会員、時間だけ指定すれば席を予約してくれます。このサービスは行くまで知らなかったので、結構うれしかったです。実際朝食に行った時、満席だったのですが、私の席だけポツンと空けてくれていたのですぐに座れました。

 

 

さて、いよいよ部屋の中へ。

 

 

今回は9階へ宿泊。

 

 

 

こんな何気ないオブジェにもステイタスを感じてしまう自分がいます(庶民すぎ)。

 

 

 

今回お世話になったお部屋。今回はクイーンベッドルームを予約していましたが、チェックイン時にクイーンベッドプレミアム(マッサージ機付き)の部屋にグレードアップされました。ちょっと期待したレベルのアップグレードではありませんでしたが、スタッフから「お客様のお部屋をアップグレードさせていただきました」という魔法の言葉を聞くと、やはりテンション上がります。

 

 

 

ちなみにこのヒルトンのマッサージチェア。実は賛否両論です。「あると部屋が狭くなるので邪魔」という方もいらっしゃいますが、私は賛成派かな。そもそもホテルの部屋がだだっ広くても移動が多くなって逆に不便だし、今回の部屋は大きくはないけど、十分に歩き回れるスペースがあり、特に今回は連日の仕事で疲れていてマッサージしたい気分だったのでグッドタイミングでした。荷物の置き場所としても大活躍です。なお、最大で15分マシンが動く設定なのですが、4回くらい連続でやりました(笑)。

 

 

 

 

個人的にシングルユースで利用の際は、ツインベッドではなくダブルベットをチョイスする派です。今回も十分な大きさのダブルベットでしたので気持ち良く休むことが出来ました。

 

 

 

 

バスルームも広々。バスタイムもゆっくり出来ました。最近、ホテルを選ぶ時、バスタイムを快適に過ごせるという条件が優先順位高くなってます。でも予約サイトでお風呂の写真って、温泉でもない限り情報がないんですよね。

 

 

 

 

ちなみにこんなお菓子ももらえました。沖縄らしくてかわいいのでパチリ。

 

 

 

 

部屋からの夜景。眼下に見えるのがゆいレール旭橋駅。向かいにリーガロイヤルグラン沖縄ホテルが目に付きます。あっちの方が豪華かもね・・・ということは考えないようにしましょう。

 

 

なお、ヒルトンHオナーズゴールド会員になると、部屋の種類のアップグレードも楽しみですが、同時に高層階へのアップグレードという側面もあるので、こちらも楽しみです。今回も2階で予約されていたところ、9階へのアップグレードでした。写真を見ていただいてもわかるとおり、ダブルツリーbyヒルトン那覇の低層階は旭橋駅の目線とばっちり合ってしまうので、出来れば避けたいところ。ゴールド会員のメリット様様です。

 

 

 

一通りアップグレードされた部屋を堪能したら、ウェルカムドリンクをいただきにレストランへ。皆さん外食に出られているのか、レストランはガラガラでした。様子を見ていると、ドリンクだけ飲みに来ている女性が一人。「あの人もゴールド会員かな~」なんて妙な仲間意識を勝手に持ちつつ、こんな「自分は特別だ」という感情もゴールド会員になっていないと感じることがないだろうな、などと考えながら、冷たいビールを堪能しました。

 

 

 

 

そして、楽しみにしていた朝食。

 

 

 

なんてハイグレードホテルの朝食って魅力的なんでしょう。普段は朝食をこんなには食べないのですが、ついついあれもこれもと取ってしまいます。ちなみに庶民だけど、もはやゴールド会員なので取らなきゃ損!的な感覚とは少し違います。

 

 

 

 

今回はダブルツリーbyヒルトン那覇で一泊でしたが、十分にヒルトンHオナーズ会員のステイタスを感じさせていただく宿泊となりました。私自身、これまでJALやANAのステイタスには高い関心を示していましたが、ホテルのステイタス会員もJAL、ANAといったエアラインに劣らず、会員の心をくすぐるとても充実した内容になっていると思います。

 

 

しかも、ヒルトンHオナーズゴールド会員は、簡単にステイタスの地位を獲得することが出来ます詳しくはこちらに書いていますので、ご興味のある方はぜひ。

 

 

 

ダブルツリーbyヒルトン那覇のホスピタリティを口コミしておきます

 

 

実は、この宿泊の後日談があります。

 

 

明らかにホテル側のミスだったので、対応をお願いしたのですが、ここでもゴールド会員になったことによる自分自身の心境の変化を感じることになります。

 

 

ダブルツリーbyヒルトン那覇に宿泊した後、とあるホテル側のミスに気付いた私は、ホテルに電話をしました。いわゆるクレームの電話です。ですので、今までの私でしたら、「一体どうしてくれるんだ」的なトーンで電話をしたかもしれません。しかし、いまや私もヒルトンホテルのゴールド会員。ステイタス会員はそんなクレーマー染みたことはしません。ですので、落ち着いた口調で対応を求めました。

 

 

すると、ホテル側もすぐにミスを認め謝罪と対応を約束してくれました。なんと気持ちの良いクレーマー(私)とホテルの応対でしょう。世の中、落ち着いて交渉すれば、もっと平和な世の中になるのにな、そんなことすら考えるほど、気持ちの余裕が出来ている自分に驚きました。これもゴールドステイタス会員の威力ではないでしょうか。

 

 

 

 

ダブルツリーbyヒルトンでチェックインの際にプレゼントされるこのクッキー、実は販売もしていて、7枚で1300円(税別)で購入することが出来ます。

 

 

ホテル滞在時、「へぇー、販売もしてるのか。でもちょっと高いかな・・・」などと考えていただけのこのクッキーが、ホテル側のミスのお詫びに、ご丁寧なお手紙と合わせて「2セット」も送られてくることになるとは。

 

 

とても迅速かつ丁寧なクレーム対応でした。さらにこんなサプライズまでいただいて、ダブルツリーbyヒルトン那覇のスタッフの方々、本当にありがとうございます。

 

 

これぞ、ホスピタリティ。

 

 

私の想い出をよりグレードアップして記憶させてくれるホスピタリティを提供してくれるヒルトンホテルとステイタス会員制度。ゴールド会員の年会費はすでに元を取りました。おすすめです。

 

ヒルトンHオナーズゴールド会員入会方法とお得なメリット(特典)を解説

 

 

また、ヒルトンの50%割引の情報なども以下のメルマガで配信しています。

 

 

 


10月に獲得したハピ友ポイントを公開します。

 

 

 

陸マイラー御用達のポイントサイト「ハピタス」での獲得ポイントが好調です。

 

 

10月に獲得したハピ友ポイントを公開します。

 

hapitomo1610

 

 

ついに100,000ポイント(100,000円分)を超えてきました。もちろん1ヵ月で獲得したポイントです。

 

 

10月はとても忙しくてブログ記事を2、3記事しか書けませんでしたが、それでも先月の70,000ポイント(70,000円分)から約2倍の大幅アップです。恐るべし友達紹介の輪。恐るべしインターネット。

 

 

これでブログだけで獲得出来るポイントが年間100万ポイント(100万円分)を超えるレベルになってきたわけですが、ハピタスは月に30,000ポイントしか交換が出来ない規定になっています。

 

 

なので、絵にかいた餅的な要素があるので、手放しでは喜んではいないのですが、それでもソラチカルートを通じて毎月18,000マイル、年間で216,000マイルを半自動的に貯められるしくみを構築出来ています。

 

poitan161126

(上記画像はハピタス⇒ドットマネーのキャンペーン+3%が乗っています)

 

 

ソラチカルートをご存じない方はこちら

 

 

 

ちなみに216,000マイルってどれくらいスゴイかというと・・・

夢のハワイ、いつかはハワイ(笑)が3回も往復出来ます。しかもビジネスクラスで。

 

先進的なテクノロジーを採用し、より快適な機内環境を実現した最新鋭機ボーイング787-9型機が、いよいよホノルル線にも就航します!ますます快適な空の旅をお楽しみください。

(出所:http://www.ana.co.jp/international/promotions/787/airinfo/)

 

hawaichart

最もたくさんのマイルが必要になるハイシーズンで往復68,000マイルなので、68,000×3回=204,000マイル。(エコノミーでよければ5回行けます)

 

 

 

「いや、海外じゃなくてもいいんだけど・・・」

 

「独りじゃなくて家族と行きたいんだけど・・・」

 

 

という方は沖縄はいかがですか?

 

 

沖縄だと家族4人で2回行けちゃいます。

 

沖縄旅行・ツアー

(出所:https://www.ana.co.jp/domtour/okinawa/)

 

okinawa1611

ハイシーズンで往復21,000マイルなので、21,000マイル×4人×2回=168,000マイル。

 

 

 

 

この毎月自動的にマイルが貯まるしくみを構築するのはカンタン。

 

 

1.ポイントサイトに登録し、実際にポイントを貯めてみる

2.体験をブログに書く

3.友達紹介を増やす

4.ソラチカルートを開通させる

5.ANAマイルを貯める

 

 

これだけです。

いや~すごい時代になったものです。

 

 

上記、1.を実践するための窓口は以下のバナー。

こちらをクリックして登録してみてください。

そこからあなたのマイレージ人生が始まります。

↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 


ANAマイルの価値は一体、何円なのか?

 

 

 

「1マイルは一体、いくらの価値があるのか?」

 

 

 

マイルを貯め始めた時、誰でも持つ疑問の一つです。

 

 

 

ほとんどの方にとって、旅行、しかも海外旅行となると、

まだまだ高値の花であり、日常ではなく、非日常であると考えられています。

 

 

 

実際、私は海外へは数え切れないくらい訪問していますが、

別世界が広がる海の向こうは、非日常を体験させてくれる

ワンダーランドになっていて、いつも新しい体験をさせてくれます。

 

 

 

しかし、歴史的な円高を経験した日本人でさえ、非日常を体験するための

海外旅行に必要な海外航空券の運賃は、やはり負担感が大きいと言えるでしょう。

 

 

 

ですが、あなたを含めた多くの人は、

「マイル」で、航空券が取れることを知っています。

 

 

 

貯めたマイルは、航空券以外にも利用価値はあるのに、

マイルを貯めて交換出来る特典航空券を入手しようとしている人がたくさんいます。

 

 

 

何となくお得感のあるマイル。

では、貯めたマイルの価値は一体、どのくらいお得なのか?

それを知らずに何となくマイルを貯めていませんか?

 

 

 

そこで、今回は、マイルで特典航空券を入手するという前提で、

「1マイルの価値は何円なのか?」を具体的に考えてみたいと思います。

 

 

 

ANA国内線特典航空券に交換する場合のマイルの価値

 

 

 

「旅行と言えば沖縄!」

 

 

okinawa

 

 

ということで、2月1日に出発する羽田空港から那覇空港までの

航空運賃を参考に比較してみます。

なお、すべてエコノミー往復運賃、

必要マイル数はすべて18000マイル(レギュラーシーズン)です。

 

 

 

  • 普通運賃 92,180円     1マイルの価値 5.12円

 

  • ビジネスきっぷ 81,980円  1マイルの価値 4.55円

 

  • 特割 74,580円       1マイルの価値 4.14円

 

  • 旅割21 43,980円      1マイルの価値 2.44円

 

  • 旅割28 39,580円      1マイルの価値 2.20円

 

  • 旅割45 37,580円      1マイルの価値 2.08円

 

 

 

旅割21、28、45などは、1マイルの価値がかなり下がりますが、

競争率が激しかったり、予約変更が不可など制約もありますし、

運賃もハイシーズンだと、さらに割高になるので、

1マイルの価値はもう少し上がりますね。

 

 

 

ちなみに私が仕事などでマイル以外で航空券を取る時は、

割と仕事が急に決まるので、実質、旅割運賃で買えたことがありません。

 

 

 

そう考えると、航空券の価値としては現実的なところで、

特割やビジネスきっぷ当たりが目安になると思います。

 

 

 

 

ANA国際線特典航空券に交換する場合のマイルの価値

 

 

 

では、国際線特典航空券だと、どうでしょうか。

 

 

 

「夏休みに家族でハワイ!」

 

 

 

hawai

 

 

これは、今も昔も憧れのステイタスですね。

・・・ということで、今度は、夏休みの8月1日(ハイシーズン)に

成田空港⇒ハワイへ飛ぶと仮定して、

航空運賃から見たマイルの価値を考えてみます。

 

 

 

  • エコノミークラス 138,980円  必要マイル数 43,000マイル 1マイルの価値 3.23円

 

  • ビジネスクラス 339,520円  必要マイル数 68,000マイル 1マイルの価値 4.99円

 

 

 

国内線より、1マイルの価値はグッと上がりますね。

さらに成田⇒ニューヨークで見てみると・・・

 

 

 

  • エコノミークラス 225,020円  必要マイル数 55,000マイル 1マイルの価値 4.09円

 

  • ビジネスクラス 822,020円  必要マイル数 90,000マイル 1マイルの価値 9.13円

 

  • ファーストクラス 2,113,020円 必要マイル数 165,000マイル 1マイルの価値 12.80円

 

 

 

という感じになります。

このことから、基本的にマイルの価値は、

 

 

 

・近距離より長距離

 

・国内線より国際線

 

・ローシーズンよりハイシーズン

 

・エコノミーよりファーストクラス

 

 

 

の特典航空券を修得する際、最も価値が高まります。

 

 

 

こうしてみると、やはり相対的には国際線の方が1マイルの価値は高くなります。

だからこそ、「海外旅行=マイルで行くとお得」という感覚を人は持っていて、

これに気付いた人は必死にマイルを貯めているのです。

 

 

 

特典航空券以外へのマイルの交換はたった1マイル=1円

 

 

 

特典航空券に交換した時の1マイルの価値は、上記に述べた通りです。

でもこれだけだと、お得なのかどうか?わかりにくいかもしれませんので、

今度は逆に1マイルを現金(に近いポイント)に交換したらどうなるか?を考えてみます。

 

 

20151209174430

 

 

これは、ANAのマイルをショッピングで利用する際の交換比率を示したものです。

この広告は、ANAが運営する「ANAショッピング A-style」での利用を前提にしたものですが、

これ以外に提携パートナーである楽天スーパーポイントやTポイント、nanacoポイントなどにも

交換出来ますが、すべて1マイル=1円です。

 

 

 

このことから、いかにマイルの特典航空券への交換がお得か、がわかっていただけると思います。

 

 

 

 

ショッピングでカード決済してマイルを貯めていませんか?

 

 

 

では、特典航空券をゲットしたい人にとって、このお得なマイルを効率よく貯めるには、

どうすれば良いでしょうか。

 

 

 

一般的な考え方として「ショッピングでカードを切りまくる」という方法があります。

しかし、実はこれは超非効率なマイルの貯め方なのです。

 

 

 

これは、ショッピングの額に応じて、マイルが貯まるというサービスですが、

この還元率は、決済額200円で1マイルが相場です。つまり還元率は0.5%

 

 

 

これだと、沖縄へ行くために必要なマイルを貯めるのに、

360万円もの金額を決済しないといけません。

 

 

 

あなたにとって、360万円のカード決済はたやすいでしょうか・・・

 

 

 

仮に沖縄に家族4人でマイルを使って、となると、

1440万円分カード決済が必要です・・・

家が買えるレベルの話になってきますね。

 

 

 

しかし、そんなあなたに朗報です。

このマイルを効率的に貯める驚愕の方法があります。

結論から言うと、その方法とは、「ポイントサイト」の利用です。

 

 

 

以下の記事に詳しく書いていますので、

ご興味がある方は引き続きお読みください。

 

クレジットカードではマイルは貯まらない!その現実と目からウロコのマイル獲得方法

 

 

 

 

 

 



陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは200万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはSPG、マリオットホテル→プラチナヒルトンホテル→ゴールド「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。LINEルートに必須。

Gポイント
【Gポイント】
交換先が多く、LINEルートを確立するために最も重要なポイントサイト。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識していて、特にJALマイルを貯めたい人は開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。たまに高額還元額の案件も出る。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントも狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ