ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【検証済み】新LINEルートとは?ソラチカカードを使ってマイルを大量に貯めるために必要なルートまとめ【最新版】

 

LINEポイントに交換できるポイントサイト

 

 

 

「(旧)ソラチカルート」閉鎖について

 

 

2018年4月1日、飛行機に乗らずともマイルを大量に貯めている陸マイラーにとって、衝撃的な改悪が行われました。

 

 

 

それが「ソラチカルートの閉鎖」です。

 

 

 

旧ソラチカルートでは以下のようなルートでポイントを交換すると、ポイント×90%でANAマイルに交換することが出来ていました。

つまり、10,000ポイントを9,000ANAマイルに交換すること出来たのです。

 

 

 

 

これが正に陸マイラー界で語り継がれてきた「ソラチカルート」であり、ANAマイルに限られるとはいえ、本当に唯一無二の高還元率ルートです(でした)。

 

 

 

他にもポイントをマイルに交換するルートはあるものの、通常は10,000→5,000マイルが相場です。それが相場の80%増しでマイルを貯められるのですから、本当にすごいことですよね。

 

 

 

しかし、ポイントやマイルに限ったことではなく、本当においしい情報とは長続きしないものです。三方良しがバランスよく続く場合もありますが、誰かに負担のしわ寄せが及び、いつかは解消されることが一般的でしょう。

 

 

 

この旧ソラチカルートもどんな大人の事情があったかは定かではないですが、突然ルートが閉鎖されてしまいました。

ソラチカルート閉鎖についてはこちらで詳しく説明しています。

 

 

 

救世主か?!新LINEルートの出現!

 

 

その後、他に高還元率でマイルを貯めるための新しいルートがないか?多くの陸マイラーたちが即座にリサーチしました。そして発見されたのが、「新LINEルート」です。

 

 

 

 

上記が新LINEルートです。ちなみに新LINEルートとして有望なルートは2つあります【2018年6月最新版】。

 

 

 

では還元率は一体いくらなのか?

 

 

 

結論から言うと、これまでの旧ソラチカルートではポイント×90%でANAマイルに交換出来ましたが、新LINEルートでは以下の通りとなります。

 

 

LINEルート① 81%

 

LINEルート② 73.6%(四捨五入しています)

 

 

これまでの90%が81%、、、納得出来るか出来ないかの微妙なラインではありますが、こればかりは仕方ありません。受け入れましょう。

 

 

 

ただ、LINEルート①を見てみると、還元率の低下よりも改悪となったのは、ルートの長さです。旧ソラチカルートでは3回の交換でANAマイルへ移行出来ていましたが、新LINEルートでは6回もの交換が必要です。

 

 

 

しかも今回新たに出現した交換ポイントの「Pex→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)」の交換タイミングが遅いです。実際にどれくらいかかるか?を一通り実際に検証してみましたので、参考にしてみてください。

 

 

 

1)ハピタス→Pex 

→3営業日以内

 

2)Pex→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)

当月末締め→翌月18日頃(実際に画面で確認出来るのは25日頃

 

3)三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)→Gポイント

→リアルタイム

 

4)Gポイント→LINEポイント

→2~3日(公式。実際は即日もあり)

 

5)LINE→東京メトロ(メトロポイント)

15日締め→翌月11日頃

 

6)東京メトロ(メトロポイント)→ANAマイル

→月末締め→翌月5日頃

 

 

最も大きなポイントは2)と5)の交換のタイミング(赤字の部分)。特に2)のPex→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)の締め切りが月末で反映が翌月25日なため、ここでタイミングが悪ければ悪いほど(=1日に近いほど)期間が長くなり、最大ここだけで約2ヶ月必要になってしまいます。

 

 

 

仮に7月11日にハピタスからポイント移行を開始した場合、ANAマイルに交換するまでのスケジュールは以下の通りとなります。

 

 

1)ハピタス 7/1→Pex 7/3

 

2)Pex 7/3→三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)8/25

 

3)三井住友カード(ワールドプレゼントポイント)8/25→Gポイント8/25

 

4)Gポイント8/25→LINEポイント8/28

 

5)LINEポイント8/28→東京メトロ(メトロポイント)10/11

 

6)東京メトロ(メトロポイント)10/11→ANAマイル11/5

 

 

なんと、ANAマイルへの交換までに4ヶ月(※)もかかってしまいます。時間がかかるだけではなく、交換回数が増えたことによって、手間が増大しています。実際、新LINEルートでポイントの交換をやってみるとわかるのですが、しっかりスケジュール管理をしておかないと、「あれ?ここのポイント交換したっけな?ここの締め切りはいつだっけ?」となって混乱します。

 

(※)2)の交換時期が月初1日に近いほど長い時間を要します。

 

 

 

 

新LINEルートの隠れたデメリットに注意

 

 

それから注意しないといけないことは、Gポイント→LINEポイントへ交換する際に5%の手数料を取られることです。

 

 

 

 

ただし、上記の画像にも記載があるように、手数料還元サービスでポイントを獲得すると5%が戻ってきますので、対象サービスを利用しておきましょう。ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。(2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得が完了していればOK)

 

ポイント交換手数料還元の仕組み

 

 

 

「たかが5%でしょ」と私も最初は考えていたのですが、ANAマイルを毎月18,000マイルを貯めようとすると、最大約22,222ポイントをLINEポイントに交換することになるのですが、22,222×5%≒1,111円分のポイントが取られる計算になり、これを1年続けると13,332円分のポイントが取られることになります。痛いですよね。

 

 

 

さらに、手数料還元サービスには楽天各種サービスやYahoo!ショッピング、じゃらんなど主要なサービスが対象となっているので、利用のハードルは高くないですが、ポイント加算時期が遅い場合があるので、ポイント交換時に対象になるように早めに利用をしておきましょう。

 

 

 

 

 

4ヶ月待てない人は「Pex→LINEルート」で交換がおすすめ

 

 

旧ソラチカルート閉鎖に伴い、新LINEルートがクローズアップされているわけですが、さすがに交換が6回、期間にして4ヶ月もかかるとなると、いくら81%の高還元率だとしても、「もっと簡単に交換できんのかいっ!」と思う方もいるでしょう。

 

 

 

そんな陸マイラーの気持ちを察してか、2018年6月1日よりPexからこんな発表がありました。

 

 

~2018年5月31日

Pex 150ポイント→LINE 10ポイント(交換レート66.6%)

 

2018年6月1日~

Pex 110ポイント→LINE 10ポイント(交換レート90.9%

 

 

 

驚きの改善ですね。これにより、交換6回、4ヶ月かかる新LINEルートを経なくても、ショートカットした交換ルート(上記図のLINEルート②)でANAマイルに交換することが出来るようになりました

 

 

 

どちらが良いか?

 

 

 

これはもう個人の好みです。旅行やSFC修行の計画があって、早くマイルがほしい方はLINEルート②で還元率は下がるけど、やむなくスピードを取る、一方、特に急がずボチボチマイルを貯めれば良い、という方は、LINEルート①を選択することになるでしょう。ちなみに私は、せっかく貯めたポイントですから、やはり還元率を少しでも高めたいと思うので、LINEルート①を選択しています。

 

 

 

今回のようないわゆる「改悪」は、いつ何時起こるかわかりません。しかし、私たち陸マイラーはそれに合わせて形を変えていくしかありません。大切なことは「今やりたい」と思ったことを後日に繰り延べしないことです。今ある美味しい案件が後日もあるとは限りません

 

 

 

「改悪」は常にある、と肝に銘じて、日頃からいろんなところからポイントをコツコツ集めれられるだけ集めて、定期的にしっかりマイルへ交換していきましょう。

 

 

 

新LINEルートに必要なポイントサイト&カード

 

 

これから、新LINEルートを構築される方のために必要なポイントサイトとクレジットカードを以下にご紹介しておきます。すべて用意するとなると、面倒に感じるかもしれませんが、今すぐ、一気に登録しておくことをおすすめします。理由は、「名前」「住所」「連絡先」「生年月日」「パスワード」など、結構同じような項目を入力するので、一気にやった方がトータル時間を節約できるからです。大変なのは最初だけです。がんばってください!

 

 

 

■ハピタス

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

口座開設(無料)はこちら

 

 

■Pex

 

口座開設(無料)はこちら

 

 

■三井住友カード(ワイドゴールドカードがおすすめ→理由はこちら

 

 

 

■Gポイント

 

口座開設(無料)はこちら

 

 

■LINEポイント

 

お使いのLINEアカウントで利用可

 

 

■東京メトロ(メトロポイント)

 

1)モッピーで口座開設(無料)する

 

2)「ANA JCB」で検索→ソラチカカードを発行する

(キャンペーン開催されていない可能性あり)

 

上記でキャンペーンが開催中ならばモッピーのポイントももらえます(2018年6月30日現在:3,000円相当)。

詳しくはこちら

 

もし、キャンペーンが終了していたら(ソラチカカードが対象から外れていたら)以下の公式サイトから発行してください。

ソラチカカード公式サイト

 

 

 


還元率1.648%!マイルを貯めるおすすめ最強カードはANA VISA ワイドゴールドカード!

 

 

wide_gold_card

 

ANA VISA ワイドゴールドカード【公式サイト】

 

 

「クレジットカード決済でマイルを貯める」

 

 

 

はい、確かにマイルは貯まります。

 

 

 

しかし、この方法は現代において、神話とも呼ぶべき妄想であることは、陸マイラーならすでに御承知の通り。なぜならば、クレジットカードを決済に利用して貯まるマイルはたった1%が相場だからです。

 

 

 

この神話が未だ一般的な考え方なため、クレジットカードを決済利用してマイルを貯めるために、少しでも還元率の高いカードを探す方が多くいます。しかし、結論から申し上げると、高額な年会費を支払うカードは別にして、どのカードを選んでも還元率の相場は0.5~1%程度ですので、時間をかけて探す意味はありません

 

 

 

私たち陸マイラーはその時間を「ポイントサイトを利用してマイルを貯める」時間に費やすべきです。ポイントサイトを利用すれば、クレジットカード決済とは異なり、一撃で大量マイルを貯めることが出来ます。

 

 

 

ですが一方で、やはり「もらえるマイルはもらっておく」というのも、これまた陸マイラーのセオリー。マイルを貯めるという目的がある以上、機会損失、取りこぼしはいけません。ですので、今回の記事では「カード決済でマイルを貯めるためのカードはこれだけで良い!」という理由と最大還元率を叩きだすカードの使い方を解説します。

 

 

 

この記事で案内するのは、私が実際に利用しているマイルを貯めるための最強カードです。記事を読んで気に入ったならば、サクッとこのカードを発行して、無駄に還元率の比較などしていないで、早々にポイントサイトなどで、大量のマイルを獲得することに着手してください。

 

 

 

 

マイルを貯める最強カードはANA VISA ワイドゴールドカードで決まり

 

 

結論から申し上げます。マイルを貯める最強カードは「ANA VISA ワイドゴールドカード」です。「ANA VISA ワイドゴールドカード」のマイル還元率は、最大で1.648%にすることが出来ます。

 

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード公式サイト

 

 

 

しかし、「ANA VISA/Master ワイドゴールドカード」でも、普通に使っていると、相場と同じ還元率1%にしかなりません。では、どうやって1.648%の還元率にアップするのでしょうか?

 

 

 

やるべきことは3つある

 

 

1.マイ・ペイすリボを利用する

 

2.ソラチカルート(LINEルート)を利用する

 

3.年間300万円以上の決済をする

 

 

上記3つを実行すれば、最大の1.648%を実現出来ます。でも、3つ目の「年間300万円以上の決済をする」という項目は、ハードルが高いと感じる人もいると思います。その場合は、1.2.だけでも実行してください。還元率1.405~1.526%までは引き上げることが出来ます

 

 

 

最大のコツは「マイ・ペイすリボを利用する」こと

 

 

最近の各カード会社は、「リボ払い」を強力に推進しています。(三井住友カードでは、この「リボ払い」のことを「マイ・ペイすリボ」と呼んでいます。)まず、この「リボ払い」を理解しないといけませんが、簡単に言うと、「利用した金額を毎月一定額だけ支払うように出来る」という制度です。

 

 

 

例えば、毎月1万円を支払うという設定にした場合に、ある月に15万円分をショッピングで利用したとしましょう。通常(1回払)ですと、利用後到来する支払日に15万円支払う必要がありますよね。しかし、リボ払いでは、同じ支払日に支払う金額はたった1万円。残りの14万円は次月以降に支払いを猶予されます。しかも翌月以降も支払金額は事前設定した1万円で固定されていて、残高が無くなるまでその条件が続きます。

 

ribo

 

 

 

一見、支払う側としては、月々の負担が少なくて助かる制度です。そこを前面に押し出して、カード会社はリボ払いを勧めてきます。しかし、カード会社はなぜこのリボ払いを強力に勧めているのでしょうか?

 

 

 

それは、大きな金利手数料が発生するからです。この金利手数料は、実質年率15.0%(三井住友カード)にもなります。例えば10万円を1年間支払を滞らせると、元金とは別に15,000円もの金利が発生するのです。(ちなみに10万円を銀行に貯金した時にもらえる金利は20~25円です(もらう金利と支払う金利の差に驚愕しますよね)。この金利の高さは消費者金融とほぼ同レベルです。だから、カード会社は、リボ払いの利便性を提供する代わりに、金利手数料が取れるリボ払いを推進しているのです。

 

 

 

ここまで聞くと、「そんなヤバいもの利用出来ないよ」と思われるかもしれませんね。でも、この背景と仕組みだけ理解していれば、全く問題ありません。カード会社は、必死にリボ払いを利用してもらおうと、大量マイルをプレゼントしたり、今回ご紹介するマイル還元率を上げたりする施策を打っていますので、陸マイラーとしては、これを利用しない手はありません。以下に具体的な利用方法、注意点を解説しますので、しっかり読んで利用してください。

 

 

 

マイ・ペイすリボの制度(特典)について

 

 

「マイ・ペイすリボ」は三井住友カード特有の制度です(他のカード会社のANAカードにはこの制度はありません)。そして、このマイ・ペイすリボを利用、つまり、買い物の支払いをリボ払いにすれば、ワールドプレゼントポイントが通常、1,000円=1ポイントのところ、1,000円=2ポイントと2倍もらえるという制度があります。

 

 

 

ただし、2ポイントの内、1ポイントは「通常ポイント」、もう1ポイントは「ボーナスポイント」で、通常ポイントは、1ポイント=10マイルになりますが、ボーナスポイントは1ポイント=3マイルにしかなりません。ここ、とても重要なルールです。

 

bonuspoint

 

 

 

 

還元率アップにソラチカルートを利用

 

 

さらに、還元率を上げるには、2.ソラチカルート(LINEルート)を利用する、必要があります。先ほど紹介した、マイ・ペイすリボを利用した際にもらえるボーナスポイントは、そのままマイルに交換すると3マイルにしかなりませんが、実はGポイント(ポイントタウンでも可)に交換すると、1:5の交換比率で交換が出来ます。その後、Gポイント⇒LINEポイント⇒ソラチカ(東京メトロ)⇒ANAで81%(90%×90%)になるので、5×0.81=4.05マイルになります。数字だけだとピンと来ないかもしれませんので、以下にわかりやすくするため、ボーナスポイントを10,000ポイントを貯めたと仮定して、ポイント交換ルートと交換比率を示しておきます。

 

 

 

 

この時点で、ANAカードの通常ポイントの10マイル+ボーナスポイントの4.05マイル=14.05マイルとなり、還元率は1.405%となります。これが1.と2.を実行したマイルの最大還元率です。でも、年間86,400円(税込)を支払わないといけないANA VISAプラチナ プレミアムカードでも、マイル還元率は1.5%です。それを考えると、これだけでも優秀な還元率であることがわかります。

 

 

 

還元率を最大まで引き上げる方法

 

 

三井住友カードでは、マイ・ペイすリボ利用の場合以外にもボーナスポイントをもらえる制度があります。それを利用するのが、3.年間300万円以上の決済をする、という条件です。

 

 

 

三井住友カードで、年間50万円以上決済すると、決済額に応じて、下記の通り、V1~V3という翌年度のステージが決まります。

 

 

visabonuspoint

 

 

 

ANA VISA/Master ワイドゴールドカードを利用して、マイル還元率最大化=1.648%を狙うには、このステージでV3を狙う必要があります。年間300万円以上を決済すると、翌年度よりV3となり、先ほどと同じようにさらに1,000万円分決済したとすると、ボーナスポイントが6,000ポイントもらえます。これを先ほどと同じようにソラチカルート(LINEルート)を使えば、24,300マイルとなり、還元率は0.243%となります。

 

 

 

条件1.と2.ですでに達成していた還元率1.405%に、3.で達成したV3の還元率0.243%を足すと、1.648%になります。これがANA VISA ワイドゴールドカードの最大還元率です。

 

 

 

一方、「年間300万円の決済はきついよ~」という方でも、V2の場合は1.526%。最低ステージのV1の場合でも1.486%を達成することが出来ます。すごくないですか?ゴールドカードのレベルでここまで高い還元率を出せるカードは他に存在しません(私の知る限り)。

 

 

 

マイ・ペイすリボの利用方法と注意点

 

 

マイ・ペイすリボを利用する場合ですが、「リボ払いせずに支払えるのに、あえてリボ払いにする」という考え方が必要なので、少し頭をやわらかくして考える必要があります。

 

 

 

年間300万円以上決済すると仮定すると、月の利用額および支払いは30万円くらいになると思います。これを前提にして考えてみます。

 

 

 

まず、この30万円の範囲内で、「月々このくらいは絶対に払えるだろう」という金額を、毎月一定の支払額として設定します。仮に15万円として設定しておきます。

 

 

 

それから、実際の支払額(大体25日前後)が確定したら、先ほど設定した15万円にプラスして支払える支払額を設定します。(=この作業が毎月必要になります)。増額は1,000円単位で可能で、出来るだけ30万円に近付けます。仮にプラス14万円とし、支払額合計を29万円とします。これをフローにしてみると次のようになります(金利は考慮せず)。

 

 

※11月払いの例(15日締め、翌月10日払い)

 

1.リボ払い定額を決定  15万円を超えた分をリボ払い

 ↓

2.9月16日~10月15日  ショッピング利用額 合計30万円

 ↓

3.10月25日頃 利用額確定(30万円)

 ↓

4.10月末日頃(金融機関により異なる)までに、増額分決定 +14万円

 ↓

5.11月10日 29万円が引き落とされ、残り1万円が翌月以降にリボ払いとなる

 

 

 

ここで、「リボ払いは怖い」と考えている方に理解してほしいのですが、マイ・ペイすリボを利用設定していても、1.の15万円はもちろん、4.の14万円も、第1回目支払いまでは金利が発生しません。ここがポイントです。これさえわかっていれば、その第1回目支払日までに支払額を増額すれば多大な金利を支払わずに済みます。

 

 

 

そして、このフローのうち、5.の1万円だけ、金利が発生します。しかも、年利は15%としても1ヶ月だけリボ払いとして繰り越すので、実際にかかる金利は15%÷12ヶ月=1.25%の125円だけです(概算としてお考えください。詳細は三井住友カードのHPにてご確認ください)。

 

 

 

ならば、金利が発生しないように1.のリボ払い定額を30万円にしておけば金利も発生しないのでは?と、感の良い方は気付くと思いますが、金利が発生しないとボーナスポイントがもらえない、という決まりがあるので、金利は多少なりとも発生させないといけないんですね。ここがわざわざ1万円を残して決済する理由です。

 

 

 

金利さえ発生させれば良いので、前述では1万円をリボに回すシミュレーションでしたが、もっと30万ギリギリまで増額するのはアリです(例えば29万9千円を支払って1千円をリボに回すなど。1千円単位で設定可能です)。その辺りは利用される方のサジ加減にもよりますが、リボに回す分を数百円から千数百円程度にしておかれるのがベストかと思います。

 

 

 

ちなみに、注意点としては、

 

 

・この作業を金融機関の締め切り(臨時増額の申込期限)までに間に合わせること

⇒間にあわないと増額出来ない=リボ払い額が大きく発生し、思わぬ多大な金利を支払うことになる

 

 

・2.の実際のショッピング利用額が最初に設定した15万円を下回る

⇒全額が一括払いになり、リボ払いが発生しないため、そもそも金利が発生せず、ボーナスポイントがもらえない(対応策としては設定額は上げ下げすることが可能ですので、自分の決済額平均を考慮して設定してみてください)。

 

 

ということが発生しますので、くれぐれも注意してください。

 

 

 

怖い、怖いじゃ、何も出来ない、何も得られない

 

 

世間一般的には、「怖い」「ヤバい」と言われるリボ払いでも、しっかりとポイントを押さえて利用すれば、怖いものではありませんし、カード会社の思惑に「あえて」乗ることで、それを上回る大きなメリットを享受できることになります。例えば、ANA VISA ワイドゴールドカードで、リボ払いを利用すれば、以下の3つのメリットがあります。

 

 

 

1.通常ポイントに加え、ボーナスポイントがもらえる(上記解説の通り)

 

2.カード加入時に大量マイルがもらえる(マイル数はキャンペーン時期による)

 

anacanpain

 

 

3.年会費の割引がある(これ以外にもWeb明細にすると1,000円割引があります)

 

anavisawaribiki

 

 

 

リボ払いを利用するだけで得られるこれだけのメリットを利用しない手はありません。相手(カード会社の思惑や制度)を良く知ることで、言葉は悪いですが、「メリットをしゃぶりつくす」発想がとても大切です。カード利用は、生活に影響を及ぼすサービスですから、あまり無理をする必要はありませんが、陸マイラーたるもの、しっかり勉強して、どうしたらマイルをもれなくもらえるか?にチャレンジしてみてください。なお、カードのご利用については、必ずカード会社HPをご覧になってからご利用ください。当ブログの情報を利用した際に発生した損害については、一切の責任を負いませんので予めご了承ください。

 

 

ANA VISA ワイドゴールドカードをまだお持ちでない方は、ポイントサイト「ハピタス」などに登録(無料)して、下図のような案件がないか、まずは探してみてください。運良くあれば、上記で説明したポイントにプラスして、ポイントサイトでポイントが稼げて、それもマイルに交換出来ますよ(下記だと2,000ポイント(1,620マイル)が獲得できます)。

 

mitsuisumitomovisa

ANA VISA ワイドゴールドカードはハピタス経由がお得

 

 

今すぐ発行したい方は、こちらから

ANA VISA/Master ワイドゴールドカード【公式サイト】

 

 

 

 

 



陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは200万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはSPG、マリオットホテル→プラチナヒルトンホテル→ゴールド「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。LINEルートに必須。

Gポイント
【Gポイント】
交換先が多く、LINEルートを確立するために最も重要なポイントサイト。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識していて、特にJALマイルを貯めたい人は開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。たまに高額還元額の案件も出る。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントも狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ