ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

ソラチカカードがポイントサイト(モッピー)経由で申し込めてさらに27,550ANAマイルがもらえる衝撃のキャンペーン実施中!

 

 

 

 

陸マイラー御用達の「ANA To Me CARD PASMO JCB」通称ソラチカカード

 

 

 

このカードには唯一無二の特徴があり、1枚あるだけで、ANAマイルをザクザク貯められるため、陸マイラーには絶大な人気を誇ります。ゆえに、広告費をかけて募集する必要もないため、ポイントサイトのカード発行案件にはほとんど出てこないのですが、2018年6月18日現在、ポイントサイト「モッピー」でソラチカカードを発行すると3,000ポイント(3,000円:2,430ANAマイル相当)がもらえる案件として掲載されています。

 

※ソラチカカードはANA JCBカードの数ある種類の中の一つです。

 

 

 

実は他のポイントサイトでも「ANA JCB」と検索すると(ソラチカカードはJCBしか提携していないので)、同じような広告は出てきます。私がお勧めする「ポイントタウン」や「GetMoney!」「ちょびリッチ」などでも同様の広告案件が出ており、ポイント数が「モッピー」より高く表示されているのですが、実は他のサイトは、JCBカード発行と言っても「ソラチカカード」は対象外なのです。

 

(GetMoney!の場合)

 

 

 

ポイントサイトで何か案件を探す場合、ポイントサイトを横断しながら、最も高いポイントを付けているポイントサイトを探すことになるのですが、前述の通り、ポイント数が高いポイントサイトではソラチカカードが対象外だったため、ポイントが相対的に低いモッピーまでチェックしていなかったのです。

 

 

(モッピーの場合)

 

 

 

なお、上記のポイント獲得条件の画像では、除外の規定はないものの、「ソラチカカード」の文言もありません。よって「本当にポイントが付くのか?」と心配される方もいらっしゃると思いますが、「参考になったクチコミ」のところに「ANA To Me CARD PASMO JCB」や「ソラチカカード」を発行しました!という文言が見受けれるので、問題ないかと思います。ただし、初めて「ANA JCBカード」を申し込みされる方が対象なので、その点は注意してください。

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーにまだ登録していない方はこちら

 

 

 

ソラチカカード新規入会キャンペーンで最大18,700ANAマイル獲得

 

 

今、ソラチカカードを発行する場合、上記のモッピーでもらえる3,000ポイント(3,000円相当)に加えて、ソラチカカード(JCBカード)側でキャンペーンを行っており、最大18,700ANAマイルがもらえます。これからソラチカカードを発行しようとする方にとってはかなりお得なキャンペーンです。まだソラチカカードをお持ちでない方は今のうちに発行されることをお勧めします。

 

 

 

まずは18,700ANAマイルをもらう方法を押さえておきましょう。

 

 

 

1)通常入会ボーナス・・・1,000ANAマイル獲得

 

 

ソラチカカードに入会するともれなく1,000マイルもらえます

 

 

こちらはキャンペーンのエントリーは特に必要ありませんです。また1年経過後のカード継続時毎に1,000マイルがもらえます。

 

 

 

2)「MyJチェック」登録・・・1,200ANAマイル獲得

 

 

JCBカードには「MyJチェック」というWeb明細サービスがあります。要は「紙の請求書は送らないから、明細はWebで見てね」というサービスです。「MyJチェック」に登録すれば、ANAマイルと交換できるJCBカードのOki Dokiポイントが400ポイントもらえます。

 

なお、こちらは参加登録(エントリー)が必要となっています。忘れずに行ってください。

 

 

 

ここで知っておきたいルールは、このキャンペーンでもらえるOki Dokiポイントは「ボーナスポイント」であることです。通常のOki Dokiポイントはカード発行時に決めるコースによって1ポイント=5or10ANAマイルへ交換できますが、この「ボーナスポイント」は、1ポイント=3ANAマイルとなります。これが原則ルールです。よく覚えておいてください。

 

 

 

ですので、この「MyJチェック」登録では400ポイントがもらえますので、400×3=1,200ANAマイルとなるわけです。

 

 

 

3)10/31までに60万円利用・・・16,500ANAマイル獲得

 

 

それから、最も大量にマイルをもらえるのはこちらです。ソラチカカードを発行後、カードでショッピング利用した金額によって、ANAマイルと交換できるOki Dokiポイントが最大5,500ポイントもらえます。

 

こちらも参加登録(エントリー)が必要となっています。忘れずに行ってください。

 

 

 

5,500ポイントをもらうには60万円以上のクレジット決済が必要ですが、5,500×3=16,500ANAマイルがもらえることになります。

 

 

 

この1)2)3)を合計すると1,000+1,200+16,500=18,700ANAマイルがもらえることになるというわけです。

 

 

 

なお、2)と3)でポイントをもらうには対象期間があります。期日をしっかり把握して、計画通りに進めてくださいね。

 

 

 

 

18,700ANAマイル→27,550ANAマイルに増幅させる裏技

 

 

通常のソラチカカードキャンペーンでも上記の通り利用すれば18,700マイルになります。しかし、次にご紹介する裏技を知っていれば18,700ANAマイル→27,500ANAマイルと、+47%でANAマイルを貯めることが可能です

 

 

 

上記のソラチカカードキャンペーンのうち、2)と3)でもらえるのはOki Dokiボーナスポイントであり、Oki Dokiボーナスポイントは原則として1ポイント=3ANAマイルにしかならないことはお伝えしました。

 

 

 

しかし、以下のルートでポイントを移行すると、1ポイント=4.5ANAマイルで交換が出来るのです。

 

JCB(Oki Dokiポイント)→東京メトロ(メトロポイント)→ANAマイル

 

 

 

通常だと1ポイントが3ANAマイルにしかならないのに、メトロポイントを経由するだけで1ポイント=4.5ANAマイルになる裏技です。これが出来る根拠は以下のルールがあるからです。

 

 

このルールでまず、Oki Dokiポイントが1ポイント→メトロポイントの5ポイントになります。次に、

 

 

メトロポイントをANAマイルにすると、0.9倍で交換できますので、5メトロポイント→4.5マイルになるわけです。

 

 

 

こうしてポイントをある特定のルートを経由すると、マイルを貯めるスピードに大きな差が出てきます。これらのノウハウは通常、カード会社やポイントサイトには掲載されていないものであり、陸マイラーの情報力&真骨頂でもあるわけです。

 

 

 

この裏技ノウハウを使うことで、前述の

 

 

1)通常入会ボーナス=1,000ANAマイル

 

2)「MyJチェック」登録=400Oki Dokiポイント×4.5→1,800ANAマイル

 

3)10/31までに60万円利用=5,500Oki Dokiポイント×4.5→24,750ANAマイル

 

 

3つを合わせて最大27,550ANAマイルを獲得出来るというわけです。

 

 

 

このブログで伝えたい陸マイラーの魅力とは

 

 

今回のようなJCBをはじめとするカード会社の入会キャンペーンは魅力的ですし、カードを発行したい方はぜひ最大限利用していただきたいのですが、このブログを読んでいただいているあなたは、少なからずマイルを貯めること、マイルで旅行をすること、に関心をお持ちだと思います。そんなあなたに伝えたいことは、あなたがカード会社のキャンペーンだけ鵜呑みにして、カード発行を行うと、実は損をしているかもしれないということ、そして「情報は力である」ということです。

 

 

 

上記で紹介した裏技でANAマイルを貯めるとすると、普通に貯めた場合と裏技を使った場合のマイルの貯まる差は8,850ANAマイルもあります。といってもピンと来ないかもしれないので、この8,850マイルをクレジットカードの決済で貯める場合を考えてみると、カード会社で最もポピュラーな0.5%の還元率だと1,770,000円もの決済をしてやっともらえるマイルになります。1%にしても885,000円の決済が必要になります。

 

ソラチカカードの場合。

 

 

 

この差をポイントを東京メトロ(メトロポイント)を経由するだけで簡単に獲得できるのは、まさにノウハウであり、「情報は力」と言えると思うのです。

 

 

 

私も数年前まではこんな世界があると全く知らず生活をしていましたが、陸マイラー界が生み出したこの産物とも言えるノウハウはこれだけに留まりませんし、調べれば調べるほど驚愕な世界であることを知りました。そして身に付けたノウハウはこのブログにもたくさん書いていますし、このノウハウに関心を持ち、すぐにでも大量のマイルを貯めて、世界中を旅行してみたいと思われる方は、「ANAマイラー初心者講座」としてノウハウをまとめて提供していますので、以下のリンクから順に読んでみてください。陸マイラーとしての第一歩を最短で踏み出せると思います(なぜソラチカカードが重要なのか?もわかります)。

 

ANAマイラー初心者講座

 

 

最後になりますが、ソラチカカードを発行し、キャンペーンでもらえる27,550ANAマイルの話のみをしましたが、実は「モッピー」でもらえる3,000ポイントも、陸マイラーのルート(詳細はANAマイラー初心者講座にて)に乗せると2,430ANAマイルになりますし、60万円のカード決済も通常ポイントとして6,000Oki Dokiポイントがもらえますので、6,000ANAマイルになり(10マイルコース)、27,550+2,430+6,000=35,980ANAマイルにもなります。35,980ANAマイルというとハワイ往復出来てしまうマイル数(ローシーズン)です。

 

 

 

少々手間はかかる陸マイラー活動ですが、「カードを発行してキャンペーンをこなせば、ハワイに行ける」、って夢があって(夢じゃないけど)、素敵じゃないですか?ぜひ陸マイラーのノウハウを身につけ、ANAマイルでいつでもどこへでも飛べるようになってみてください。

 

 

モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーにまだ登録していない方はこちら

 

 

 


【改悪】ソラチカルートに異変!主要ポイントサイトから東京メトロへの移行ルートが閉鎖。貯められるANAマイルが激減?!今後の対策と対応を徹底解説します。

 

 

 

 

これまで長年、陸マイラーに愛され、活用されてきた東京メトロが発行する唯一無二のカード、ソラチカカード(正式名称:ANA To Me CARD PASMO JCB)。

 

 

 

このソラチカカードが陸マイラーに人気だったのは、「各ポイントサイト(ハピタス、モッピー等)のポイントを90%の交換レートでANAマイルに移行できるから」でした(=ソラチカルート)。

 

 

» この記事の続きを読む


【ソラチカ】陸マイラーが必ず通すマイル交換の黄金ルートとは?

 

 

 

ANAマイルを貯める上で、陸マイラーが保有すべき絶対必要不可欠なクレジットカードは、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)です。

 

 

 

年間、216,000マイルを生みだす、クレジットカードの中で、最も破壊力を持つこのソラチカカードとは、

 

 

 

・一体、どんなカードなのか?

 

・また、どのように利用するのか?

 

 

 

ANAカード『ソラチカ』の基本的なことから使い方、そして弱点まで、徹底的におさらいしておきます。

 

 

 

 

なぜ、陸マイラーにソラチカカードが必要なのか?

 

 

結論から言うと、

 

 

「ポイントサイトで貯めたポイントを最も有利なレートでANAマイルに交換することが出来るから」

 

 

です。

 

 

 

例えば、楽天ポイント。現金にすると1ポイント=1円の価値がありますが、仮に楽天⇒ANAマイルに交換すると、10万ポイントが5万マイルと、半減してしまいます。

 

 

 

一方、例えば陸マイラー御用達の「ハピタス」のポイントをソラチカルートを使えば、9万マイルになります。

 

 

 

元々、10万ポイントあったものが5万マイルと、9万マイルになるのとでは、全く意味合いが異なってくることは、ご理解いただけると思います。

 

 

 

ちなみに楽天ポイントのANAマイルへの還元率0.5倍(50%)というのは、決して楽天ポイントの還元率が他に比べて低いというわけではなく、むしろこちらの方がマイル還元率の一般的な数字です。

 

 

 

しかし、ソラチカカードは、0.9倍(90%)という破格の還元率を誇り、無数に存在するカードの中でも、この還元率0.9倍(90%)を実現するクレジットカードは存在しないのです。

 

 

 

 

ソラチカカードを利用する際のコツ

 

 

 

ソラチカカードのポイント⇒ANAマイルへの還元率は破格である、とお伝えしましたが、ショッピングポイントの還元率は他のカードでもよくある1%で、特段、比較的優位性はありません。

 

 

 

しかも、年会費はそんなに高くないにしても無料ではなく2,000円/年が必要。

 

 

 

また、ショッピングポイント(JCBのOkiDokiポイント)をマイルに変換する際、還元率を1%にするためには、マイル移行手数料 年間5,000円(税別)が必要です(10マイルコース選択時)。

 

 

 

ですので、このソラチカカードを決済のメインカードにする利用方法は、特段おすすめするものではありません。他のカードでもっと還元率を上げる方法がありますので。

 

 

 

では、ソラチカはどのように利用するのか?

 

 

 

ソラチカは、ショッピング時に貯まるJCBのOkiDokiポイント以外に、PASMOとして利用して東京メトロ(地下鉄)に乗れば貯まる、「メトロポイント」というものがあります。

 

 

 

「東京に住んでないし、行かないし、メトロポイントなんて貯まらないよ」

 

 

 

このような声が聞こえてきそうです(笑)。

 

 

 

しかし、このポイント制度をマイル変換への中継ポイントとして利用するのが、陸マイラーとしてのソラチカカードの正しい使い方です。このメトロポイントはマイルに変換する際に手数料は不要ですし、このメトロポイントこそが、マイルへの還元率0.9倍を実現するポイント制度なのです。

 

 

 

つまり、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)は、「決済には使わず、東京メトロに乗らなくてもいい。ただ年会費を少し払うがカードを保有(死蔵)して、ポイントの中継地点として利用するカード」と言えます。

 

 

 

 

メトロポイントへ移行出来るのはPexとGポイント

 

 

 

では、どこからポイントをメトロポイントへ中継させるのか?

 

 

 

メトロポイントへポイントを移行させるために必要なポイントサイトはハピタスPexGポイントです。

 

 

 

例えば、ポイントサイト「ハピタス」でポイントを貯めた場合。

 

 

ハピタス ⇒ Pex ⇒ メトロ ⇒ ANA

 

 

というルートを経由してマイルへ交換します。ちなみにこのルートが陸マイラーの黄金ルート「ソラチカルート」となっています。(=以下の図の左側のルート)

 

 

scheme

 

 

 

また、ANA VISAカードの一部のポイントや高還元率で有名なエクストリームカードを使っている場合は、

 

 

各カード ⇒ Gポイント ⇒ メトロ ⇒ ANA

 

 

というルートを使います(Gポイントを経由するところがポイント)。

 

 

 

いずれのルートにしても、高還元率でANAマイルを貯めるためのルートを確立するために、ソラチカカードが必須なのです。

 

 

 

 

ソラチカカードの最大の弱点

 

 

 

唯一無二のカード、ソラチカカード。このカードにも弱点があります。

 

 

 

それは・・・

 

 

・マイルへの移行スピードが遅い(1~2ヶ月)

 

・月に20,000ポイント(18,000マイル)までしかANAマイルへ移行出来ない。

 

 

上記の通り、マイルへの移行スケジュールとして、約60日間必要です。しかも、月に2万ポイント(18,000マイル)までしか移行出来ないため、スケジュールを組んでも年間最大216,000マイルしか貯めることが出来ません。

 

 

 

ただ、年間216,000マイル貯めるとなると、そこそこ大変ですので、陸マイラー活動を始めたばかりの人は、あまり気にすることはないかと思います。

 

 

 

216,000マイル以上貯める実力が付いたら、また別のルートを使ってANAマイルを貯めることになりますので、最初のうちは、毎月18,000マイル、年間で216,000マイルをソラチカ黄金ルートを使って貯めるようにしてみてください。

 

 

 

最後に、この唯一無二の『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)

 

 

 

 

ここまで解説してきたように現状では、陸マイラーにとって最強のカードになっています。しかし、このメトロ⇒ANAマイルの変換率が改悪により、削減されたり、そもそも交換自体が出来なくなる可能性もあります。このサービスがいつまでもあるとは、考えない方が良いと思います。

 

 

 

なので、このソラチカカードの利用方法や黄金ルートについて理解出来たなら、ソラチカカードを準備し、ANAマイルを貯めるためのポイントをポイントサイトに口座を開設してポイントを貯めはじめましょう。

 

 

 

ソラチカカードと同じくらい初心者陸マイラーにとって必須なポイントサイト。

ANAマイルへ交換するポイントを貯めるためにまずは無料登録すべきポイントサイトです。

↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

 



陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは200万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはSPG、マリオットホテル→プラチナヒルトンホテル→ゴールド「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。LINEルートに必須。

Gポイント
【Gポイント】
交換先が多く、LINEルートを確立するために最も重要なポイントサイト。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識していて、特にJALマイルを貯めたい人は開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。たまに高額還元額の案件も出る。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントも狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ