ANA JAL マイレージ マイル ハピタス アメリカンエキスプレス

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

【ソラチカ】関連キーワードでGoogle(グーグル)検索1ページ目に出現しました!

 

 

 

 

今日ふと、アクセス解析を見てみたら、「ソラチカ」「ソラチカルート」といったANAマイラーなら必須のキーワードで、当ブログ(ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法)が、なんと!

 

 

 

» この記事の続きを読む


【緊急】ソラチカルートに異変!.money(ドットマネー)と東京メトロが提携開始。ちょびリッチが再び台頭?!

 

 

 

dotmoneymetro

 

 

アメブロを運営する株式会社サイバーエージェントが、ポイントプラットフォーム「.money(以下、ドットマネー)」において、東京メトロが提供するポイントサービス「メトロポイント」と提携し、「ドットマネー」から「メトロポイント」への交換を2015年12月3日(木)に開始しました。これは陸マイラー界では、ちょっとした事件です。

 

 

 

なぜなら、陸マイラー界にはなくてはならないソラチカルートに変化が起きるからです。今回は陸マイラーなら良く知るポイントサイト「ちょびリッチ」活用のメリットと併せて、どのような変化が起きるか?をお知らせしたいと思います。

 

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

 

 

まずは、これまでのちょびリッチで獲得したポイントをANAマイルに交換するソラチカルートを見てみます。

 

 

tyobiroot1

 

 

この画像を見ていただくと分かる通り、ちょびリッチ⇒Pexへの交換レートが0.9倍であることが、これまでの最大のネックでした。ハピタスやポイントタウン、ゲットマネーからは等価で交換出来るのにちょびリッチは0.9倍ということと、さらにメトロ⇒ANAへ交換する際も0.9倍なので(これはどのルートでも同じ)、0.9×0.9=0.81と目減りしていたため、陸マイラーからちょびリッチは敬遠される傾向にありました。

 

 

 

しかし、この度、ドットマネーと東京メトロが提携したことで、Pexの代わりにドットマネーを経由するルートが確立、しかもドットマネー⇒東京メトロは等価で交換が可能となりました。

 

tyobiroot2

 

 

これで、ハピタスやポイントタウン等の他のポイントサイトと同様に、ちょびリッチからも0.9倍でANAマイルに交換することが出来るようになったのです。

 

 

 

ちょびリッチを知らない方のために少しちょびリッチの紹介をすると、このサイトは商品券を買い取ってくれる「ちょびっと買取」が大人気で、陸マイラー御用達だったのです。しかし、2015年12月14日をもって、買取サービスが完全終了し、そのことが発表されてから、ちょっと人気が下火になっていたんですね。

 

 

 

しかし、ちょびリッチを丹念にチェックしていると、例えばカード発行などで、意外や意外(?)どこのサイトよりも高額なポイントがもらえるケースが多々あり、未だ隠れた魅力あるポイントサイトです。

 

 

 

また、2016年1月4日までは、ちょびリッチ⇒ドットマネーへの交換について、最大10%の増量キャンペーンを行っています。こういうサービスは、労せずしてポイントが増えるので、本当にありがたいです。

 

tyobikokan

 

 

 

今、ドットマネーは、後発組で急成長を遂げている最中なので、こういったキャンペーンは今後も続くことになると思います。そうなれば、またちょびリッチを使う必要性も出てきますし、交換ルートとして、老舗のPexを使う理由がなくなってくる可能性もあるので、ポイント業界の構図が大きく変わるかもしれません。いずれにしても台風の目、ドットマネーに今後も注目です。

 

まだちょびリッチにアカウント開設されていない方はこちらからどうぞ

 

 

 

 

 


【ソラチカ】陸マイラーが必ず通すマイル交換の黄金ルートとは?

 

 

 

ANAマイルを貯める上で、陸マイラーが保有すべき絶対必要不可欠なクレジットカードは、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)です。

 

 

 

年間、216,000マイルを生みだす、クレジットカードの中で、最も破壊力を持つこのソラチカカードとは、

 

 

 

・一体、どんなカードなのか?

 

・また、どのように利用するのか?

 

 

 

ANAカード『ソラチカ』の基本的なことから使い方、そして弱点まで、徹底的におさらいしておきます。

 

 

 

 

なぜ、陸マイラーにソラチカカードが必要なのか?

 

 

結論から言うと、

 

 

「ポイントサイトで貯めたポイントを最も有利なレートでANAマイルに交換することが出来るから」

 

 

です。

 

 

 

例えば、楽天ポイント。現金にすると1ポイント=1円の価値がありますが、仮に楽天⇒ANAマイルに交換すると、10万ポイントが5万マイルと、半減してしまいます。

 

 

 

一方、例えば陸マイラー御用達の「ハピタス」のポイントをソラチカルートを使えば、9万マイルになります。

 

 

 

元々、10万ポイントあったものが5万マイルと、9万マイルになるのとでは、全く意味合いが異なってくることは、ご理解いただけると思います。

 

 

 

ちなみに楽天ポイントのANAマイルへの還元率0.5倍(50%)というのは、決して楽天ポイントの還元率が他に比べて低いというわけではなく、むしろこちらの方がマイル還元率の一般的な数字です。

 

 

 

しかし、ソラチカカードは、0.9倍(90%)という破格の還元率を誇り、無数に存在するカードの中でも、この還元率0.9倍(90%)を実現するクレジットカードは存在しないのです。

 

 

 

 

ソラチカカードを利用する際のコツ

 

 

 

ソラチカカードのポイント⇒ANAマイルへの還元率は破格である、とお伝えしましたが、ショッピングポイントの還元率は他のカードでもよくある1%で、特段、比較的優位性はありません。

 

 

 

しかも、年会費はそんなに高くないにしても無料ではなく2,000円/年が必要。

 

 

 

また、ショッピングポイント(JCBのOkiDokiポイント)をマイルに変換する際、還元率を1%にするためには、マイル移行手数料 年間5,000円(税別)が必要です(10マイルコース選択時)。

 

 

 

ですので、このソラチカカードを決済のメインカードにする利用方法は、特段おすすめするものではありません。他のカードでもっと還元率を上げる方法がありますので。

 

 

 

では、ソラチカはどのように利用するのか?

 

 

 

ソラチカは、ショッピング時に貯まるJCBのOkiDokiポイント以外に、PASMOとして利用して東京メトロ(地下鉄)に乗れば貯まる、「メトロポイント」というものがあります。

 

 

 

「東京に住んでないし、行かないし、メトロポイントなんて貯まらないよ」

 

 

 

このような声が聞こえてきそうです(笑)。

 

 

 

しかし、このポイント制度をマイル変換への中継ポイントとして利用するのが、陸マイラーとしてのソラチカカードの正しい使い方です。このメトロポイントはマイルに変換する際に手数料は不要ですし、このメトロポイントこそが、マイルへの還元率0.9倍を実現するポイント制度なのです。

 

 

 

つまり、『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)は、「決済には使わず、東京メトロに乗らなくてもいい。ただ年会費を少し払うがカードを保有(死蔵)して、ポイントの中継地点として利用するカード」と言えます。

 

 

 

 

メトロポイントへ移行出来るのはPexとGポイント

 

 

 

では、どこからポイントをメトロポイントへ中継させるのか?

 

 

 

メトロポイントへポイントを移行させるために必要なポイントサイトはハピタスPexGポイントです。

 

 

 

例えば、ポイントサイト「ハピタス」でポイントを貯めた場合。

 

 

ハピタス ⇒ Pex ⇒ メトロ ⇒ ANA

 

 

というルートを経由してマイルへ交換します。ちなみにこのルートが陸マイラーの黄金ルート「ソラチカルート」となっています。(=以下の図の左側のルート)

 

 

scheme

 

 

 

また、ANA VISAカードの一部のポイントや高還元率で有名なエクストリームカードを使っている場合は、

 

 

各カード ⇒ Gポイント ⇒ メトロ ⇒ ANA

 

 

というルートを使います(Gポイントを経由するところがポイント)。

 

 

 

いずれのルートにしても、高還元率でANAマイルを貯めるためのルートを確立するために、ソラチカカードが必須なのです。

 

 

 

 

ソラチカカードの最大の弱点

 

 

 

唯一無二のカード、ソラチカカード。このカードにも弱点があります。

 

 

 

それは・・・

 

 

・マイルへの移行スピードが遅い(1~2ヶ月)

 

・月に20,000ポイント(18,000マイル)までしかANAマイルへ移行出来ない。

 

 

上記の通り、マイルへの移行スケジュールとして、約60日間必要です。しかも、月に2万ポイント(18,000マイル)までしか移行出来ないため、スケジュールを組んでも年間最大216,000マイルしか貯めることが出来ません。

 

 

 

ただ、年間216,000マイル貯めるとなると、そこそこ大変ですので、陸マイラー活動を始めたばかりの人は、あまり気にすることはないかと思います。

 

 

 

216,000マイル以上貯める実力が付いたら、また別のルートを使ってANAマイルを貯めることになりますので、最初のうちは、毎月18,000マイル、年間で216,000マイルをソラチカ黄金ルートを使って貯めるようにしてみてください。

 

 

 

最後に、この唯一無二の『ANA ToMe CARD PASMO JCB』(通称ソラチカカード)

 

 

 

 

ここまで解説してきたように現状では、陸マイラーにとって最強のカードになっています。しかし、このメトロ⇒ANAマイルの変換率が改悪により、削減されたり、そもそも交換自体が出来なくなる可能性もあります。このサービスがいつまでもあるとは、考えない方が良いと思います。

 

 

 

なので、このソラチカカードの利用方法や黄金ルートについて理解出来たなら、ソラチカカードを準備し、ANAマイルを貯めるためのポイントをポイントサイトに口座を開設してポイントを貯めはじめましょう。

 

 

 

ソラチカカードと同じくらい初心者陸マイラーにとって必須なポイントサイト。

ANAマイルへ交換するポイントを貯めるためにまずは無料登録すべきポイントサイトです。

↓↓↓

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

 

 

 

 



陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは200万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはSPG、マリオットホテル→プラチナヒルトンホテル→ゴールド「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。LINEルートに必須。

Gポイント
【Gポイント】
交換先が多く、LINEルートを確立するために最も重要なポイントサイト。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識していて、特にJALマイルを貯めたい人は開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。たまに高額還元額の案件も出る。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントも狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ