ソラチカ ルート

ANAマイレージ・マイルを貯めて毎年タダで海外旅行する方法

マイルを貯める流れを把握しよう~【第2回】ANAマイラー初心者講座

記事公開日:2016年4月17日

 

 

 

メールアドレスを準備しよう~【第1回】ANAマイラー初心者講座はこちら

 

 

 

まず結論。年間216,000マイルという劇的なスピードでマイルを貯めていく方法は、飛行機に乗って加算されるマイルや、ショッピングのカード決済で貯まるマイルを貯めていく方法ではありません。劇的なスピードでマイルを貯めるには、ポイントサイトを利用します。

 

 

 

ポイントサイトとは?

 

 

ポイントサイトとは、Webサイトを通じて、ショッピングやサービスの利用、あるいはアンケートの回答やゲームを利用すると、現金にも交換出来るポイントが貯まるポータルサイトのこと。例えば、陸マイラーの中でも超メジャー級のポイントサイト「ハピタス」で説明します。

 

 

 

 

このハピタスには、ハピタスの集客力に着目した各企業が、自社の商品やサービスの広告を出します。もしあなたが、その広告をクリックし、商品を購入したり、サービスを利用したりすると、広告を利用したあなたに謝礼としてポイントが付与されます。この時、ハピタス自体も各企業から紹介手数料をもらえるので、各企業もハピタスもあなたも、三方よしの状況が作られている仕組みがポイントサイトです。

 

 

 

例えば、あなたがいつも利用している楽天も、ポイントサイトを利用(経由)してショッピングをすると、ポイントサイトのあなたのアカウントにショッピング額の1%(ハピタスの場合)のポイントが付きます。一方、従来の通り楽天のアカウントにも1%付きます。同じものを買うのに、ポイントサイトを利用するだけで、ポイントがいつもの2倍=2%が付くことになります。

 

 

 

ちなみに本をよく読む方。楽天ブックスだと2%のポイントが付きますので、楽天本体のポイントと合わせると、3%のポイントが付くわけです。さらに楽天の方でもキャンペーンに乗ると、一度の買い物で、3%以上のポイントが獲得出来ることもひと手間かけるだけでかなりお得になります。

 

 

 

pontacardimg

また、ポイントを稼ぐための代表的なサービスは、カード発行です。仮に上記のPontaカードを発行するとします。Pontaカードは、ローソン利用時にポイントが付きますし、JALマイルにも交換出来るようになったので、今、人気のカードです。

 

 

 

pontacard

 

 

 

このPontaカードを発行すると、2,800ポイントがもらえます。ハピタスでは1ポイント=1円の価値がありますから、カードを発行するだけで2,800円分のポイントをもらったことになります。しかも、このPontaカードは年会費永年無料ですから、カードを一枚発行するだけでポイントがもらえるということは、あなたは全くのノーリスクでポイントをもらえたことになります。

 

 

 

なお、このもらえるポイント額は常に変動します。例えば、Pontaカード発行会社が「もっと会員を増やしたい」と思ったならば、顧客獲得の広告費をドカンとつぎ込みます。そんな時、タイミングによっては2,800ポイント⇒最大8,000ポイント(8,000円分)くらいもらえることもあります。

 

ハピタスをもっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ

 

 

 

もらったポイントはマイルへ交換しよう

 

 

このように商品を購入したり、サービスを利用したりした際に貯まるポイントサイトで獲得したポイントは現金にも交換出来るのですが、マイルへも交換が可能です。このブログを読んでいるあなたは、マイルを貯めることが目的だと思いますので、これ以降は貯めたポイントはマイルへ交換する前提で説明します。

 

 

 

しかし、マイルへ交換するといっても、ポイントサイトによってはポイントサイト⇒マイルへは直接交換出来ないか(ハピタスは不可です)、もしくは交換できても交換比率が低くなっています

 

 

 

そして、ここからがノウハウになりますが、実は、ある特定のルートを通じて、ポイントをマイルへ交換すれば、最高81%(ANAマイルの場合)の交換比率で、ポイントをマイルに交換することが出来るのです。

 

 

 

「ある特定のルート」とは?

 

 

「ある特定のルート」とは、「ポイントサイトを繋いで行くルート」です。具体的には以下の図をご覧いただくと分かりやすいと思います。

 

 

 

 

上記の図を見ていただくと分かる通り、ハピタスを起点に数々のポイントサイト(三井住友カードや東京メトロはポイントサイトではないですが)を交換しながら経由していくと、最初のポイントサイト(ハピタス)で貯めたポイントの81%分のマイルを貯めることが出来るのです。

 

 

 

ちなみにポイントサイトから直接マイルに交換した場合の交換率の相場は30~50%です。例えば上記の図にもある「Pex」というポイントサイトで見てみると、

 

 

※Pexは10ポイント=1円相当となります。

 

 

ANAへの交換率は30%、JALへは50%となっています。それに比べて上記のルートだと81%ですから。10,000ポイントを直接交換してしまうと、3,000マイル~5,000マイルにしか交換できませんが、上記のルートだと8,100マイルが貯まります

 

 

 

なお、上図のルートですが、ルート内にある東京メトロはソラチカカード(正式名称はANA To Me CARD PASMO JCBカードに付随するポイントサービスであるので、ソラチカカードを利用することが必須となるため、ANAマイラーの中では「ソラチカルート」と言われています。(ただ、2018年4月1日から、LINEポイントを経由することが必須になったため、2018年3月31日以前のルートと区別して「LINEルート」とも呼ばれています。→詳しくはこちらをご確認ください。)

 

 

 

私のブログもこの「ソラチカルート」を前提に獲得できるマイル数などを記載しております。特に記載のない場合は、ポイント⇒マイルの計算は交換率81%で計算していると考えてください。私以外の方のブログもANAマイルについては基本、同じだと思いますので、まずはこの「ソラチカルート(LINEルート)」を頭に叩き込んでください。

 

 

 

ソラチカルート(LINEルート)で、貯めたポイントを高効率でマイルに交換出来ることを理解して、頭にたたき込んだら次の講座に移りましょう。

 

 

ポイントサイトに登録しよう~【第3回】ANAマイラー初心者講座

 

 

 

 

 

↓↓↓最新マイル情報を受け取りたい方は↓↓↓





陸マイラーHiro プロフィール

陸マイラーHiroです。毎年432,000マイルを毎月5分作業をするだけで【半自動的】に貯めています。マイルへの交換を待っている仮想マイルは200万マイル以上。航空会社のステイタスはJALグローバルクラブ(JGC)ANAスーパーフライヤーズ(SFC)。ホテルのステイタスはSPG、マリオットホテル→プラチナヒルトンホテル→ゴールド「マイルなんてなかなか貯まらない!」と思っていませんか?!それもそのはず、一般的に言われているように飛行機に乗ったり、クレジットカードでショッピングしたりしてもマイルは思うように貯まりません。では、どうやって貯めるのか?このブログではその驚愕のマイル獲得方法を紹介しています。この方法を知ることであなたのライフスタイルが大きく変わります。私もそうでした。関心がある方は、まずは「ANA陸マイラー初心者講座」から読んでいただくとスムーズにノウハウが身に付きます。

陸マイラーHiroの
プロフィール詳細はこちら

最近の投稿
私も利用中のポイントサイト

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス
【ハピタス】
陸マイラー必須のポイントサイト。まずはハピタスから。がセオリー。

まだハピタスの登録をしていない方は、こちらからどうぞ

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
【ポイントタウン】
陸マイラー御用達。キャンペーンが多く、ランク制度が魅力のサイト。LINEルートに必須。

Gポイント
【Gポイント】
交換先が多く、LINEルートを確立するために最も重要なポイントサイト。

モッピー!お金がたまるポイントサイト
【モッピー】
マイラー向けにサービスを意識していて、特にJALマイルを貯めたい人は開設マストなポイントサイト。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
【ちょびリッチ】
カード発行案件に強く、他サイトを凌駕する高額案件もあり。

お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!
【ゲットマネー】
モニター案件が充実。たまに高額還元額の案件も出る。初心者向け。


【げん玉】
業界では老舗。2ティア制で子だけでなく孫からの友達紹介ポイントも狙えるポイントサイト。

上記それぞれの画像をクリックすると登録出来ます。登録は無料です
タグ